「コールセンターってどんな仕事内容?」

「テレアポやテレオペ、テレマなど色々耳にするけど、違いがよく分からない。」

 

本記事では、コールセンターの仕事内容について詳しく解説してまいります。

テレアポ・テレオペ・テレマ、それぞれ違いが分かることで、コールセンターの仕事内容が具体的にイメージできるかと思います。

約5分くらいで読み終えるので、ぜひお付き合いください。

 

参考までに筆者の私はテレアポ、テレオペ、テレマ全て経験しています。

会社員時代にテレオペとテレアポ、アルバイトでテレアポとテレマ、クラウドソーシングによる業務委託でもテレアポを経験しています。

 

コールセンターの仕事内容【テレアポ・テレオペ・テレマの違いを解説】

コールセンターの仕事内容には主に「テレアポ」、「テレオペ」、「テレマ」の3つの役割があります。

この3つの仕事の違いについてよく分からないでコールセンターのお仕事を探している方も多いのではないでしょうか。

これらの仕事は電話を使った仕事であることは同じなのですが、目的が全く違う仕事内容なので、それぞれの違いを解説してまいります。

 

コールセンターの仕事 テレアポ(テレフォンアポインター)とは?

「テレアポ」とは、テレフォンアポインターの略で、企業のターゲットとなる見込み客へ電話を掛けてアポイントを獲得することが仕事です。

見込み客に掛ける電話番号は、ほとんどのケースで、企業側のマーケティングにより獲得したリストを利用します。

 

企業の商品やサービスを案内する為にお客様とのアポイントを取ります。

アポイントを獲得するアポインターは営業マン自ら行うこともあれば、営業マンの代わりに行うアポインターもいます。

 

テレアポについて詳しくはこちらの記事で解説していますのでご覧ください。

 

コールセンターの仕事 テレオペ(テレフォンオペレーター)とは?

「テレオペ」とは、テレフォンオペレーターの略で、電話対応や電話取り次ぎ業務の仕事です。

一般的に「コールセンター」などの受信業務をさします。

テレアポの発信業務に対して、テレオペは受信業務となります。

 

多くのサービス業で「コールセンター」や「サポートセンター」、「カスタマーセンター」など電話によるサポート、相談、受付の窓口を設置しています。

このような場所でお客様からかかってきた電話に対応していく仕事です。

 

テレオペについて詳しくはこちらの記事で解説していますのでご覧ください。

 

コールセンターの仕事 テレマ(テレフォンマーケティング)とは?

「テレマ」とは、テレフォンマーケティングの略で、ダイレクトマーケティングの手法の1つです。

「ダイレクトマーケティング」とは直接的に資料請求や販売促進を行う広告手法の総称です。

 

テレマのアウトバウンドの主な仕事としては、顧客に対して商品やサービスの販売促進(アップセルなど)、商品の満足度調査などを行う市場調査や、アンケート調査も行います。

既存顧客に対して、顧客満足度などを市場調査する目的も含まれていますので、仮に案内する製品が不要の場合でも顧客ニーズをヒアリングする必要があります。

インバウンドの主な仕事としてはお客様からの問い合わせに対応することがあり、これは商品改善などのために行います。

 

テレマについて詳しくはこちらの記事で解説していますのでご覧ください。

 

テレアポ・テレオペ・テレマの仕事をそれぞれ比較

テレアポ・テレオペ・テレマの仕事の違いについてまとめてみました。

テレアポ テレオペ テレマ
電話対応 発信業務(アウトバンド) 受信業務(インバウンド) 発信と受信
顧客 新規 既存 既存
専門知識 不要 必要 必要
収入 固定報酬とインセンティブ、成果報酬 固定報酬 固定報酬とインセンティブ
働き方 会社員、派遣社員、パート・アルバイト、フリーランス 会社員、派遣社員、パート・アルバイト 会社員、派遣社員、パート・アルバイト

 

この中でどの仕事を選ぶかは目的によって変わってきます。

例えば、将来旅行業界で働いていきたいと考えているのであれば、旅行の専門知識を深く学べるテレオペの仕事がおすすめです。

また、営業職で活躍していきたいということであれば、営業職でも必要なスキルとしてテレアポの仕事がおすすめです。

 

テレアポの場合、インセンティブや完全成果報酬の仕組みの中であれば、成果を出せば出すほど収入に反映されます。

 

テレアポ・テレオペ・テレマの求人

テレアポ・テレオペ・テレマの求人媒体はとても多くあります。

時給やシフト、取り扱う商材、職場環境、何を重視するかは人それぞれだと思います。

そういったところでは、自分に合った働き方で探すことが可能な仕事と言えます。

 

企業によってはテレアポとテレマを同じ扱いとして募集していることもありますので、気になる方は募集している企業に確認しておきましょう。

 

下記の記事で、それぞれの特徴別に求人媒体を紹介していますので、コールセンターの求人を探している方はご覧ください。