【パラレルワークの働き方とは】│メリットとデメリットを詳しく解説

働き方の多様性によって、パラレルワークで働く人が増えています。

 

「パラレルワークってどんな働き方があるの?」

「パラレルワークのメリットやデメリットが知りたい」

 

この記事はパラレルワークについて詳しく知りたい方に向けて書いています。

 

Take
私は現在パラレルワークでテレアポ代行やWEB制作を中心に複数の仕事をしています。

 

今回は、パラレルワークの働き方について詳しく解説してまいります。

 

本記事では、パラレルワークの働き方の事例やおすすめのサービスを初心者向けに紹介していますので、よりイメージできるようになるかと思います。

10分ほどで読むことができますので、どうぞご覧ください。

 

パラレルワークとはどんな働き方?

パラレルワークとは複数の仕事やキャリアを持つ働き方を指します。

 

パラレル(parallel)は「平行」、「並列」と意味しますので、本業と副業という分け方にはなりません。

 

副業は一般的に本業以外にサブの仕事を持つ働き方のことを指しますが、パラレルワークはメイン、サブという関係性がなく、複数の仕事を同じ熱量で行う働き方となります。

 

パラレルワークの働き方は様々です。

A社では正社員、B社では副業社員

正社員をしながら、在宅ワークの副業

正社員をしながら、個人の事業を法人化

アルバイト掛け持ち

アルバイトしながら、在宅ワークの副業

会社員をしながら実家で農業も営む

自営業しながら別の事業も経営

複数の事業を経営するビジネスオーナー

etc

 

周囲からはメインとサブと見られていたとしても、本人が同じ熱量で働いていれば、それはパラレルワークと言えます。

 

 

「兼業」・「複業」・「副業」の違いは?

「パラレルワーク」と似た呼称として、「兼業」・「複業」・「副業」があります。

 

兼業 本業とは別の事業も持つ働き方
複業 本業を複数持つ働き方
副業 本業をメインにサブの仕事も持つ働き方

 

厳密な定義があるわけではないのですが、「兼業」や「複業」はパラレルワークの状態に近いと言えます。

 

 

パラレルキャリアとの違いは?

「パラレルワーク」とは別に「パラレルキャリア」と呼ぶこともあります。

働き方に大きな違いはありませんが、働く目的に違いがあります。

 

「パラレルキャリア」は、好きなことや得意な活動を行うことで、社会に役に立つキャリアを形成していく意味合いが強いです。

収入を目的とした働き方ではなく、キャリアアップやスキルアップや自己実現を第一の目的としていますので、必ずしも収入が伴うとは限りません。

 

仕事とボランティアの両立の場合は、パラレルワークではなく「パラレルキャリア」と呼んだほうがいいでしょう。

 

パラレルワークのメリットとデメリット

パラレルワークのメリットとデメリットをそれぞれ見てまいりましょう。

 

パラレルワークのデメリット

パラレルワークのデメリット

自己管理が大変になる

集中力が分散される

プライベートの時間がなくなる

今までの友人と距離が生まれる

 

時間管理が大変になる

複数の仕事を掛け持ちすることで、時間管理が大変になります。

それぞれの仕事の納期を守るためには、時間配分を考えながらより計画的進めなければなりません。

 

 

集中力が分散される

限られた時間のなかで複数の仕事をこなすと時間だけでなく、集中力も分散されます。

1つのことだけに没頭したタイプだと慣れるのに苦労するかもしれません。

 

 

プライベートの時間がなくなる

限られた時間の中で複数の仕事をしていくには、何かしら削らなくてはなりません。

気晴らしの時間やレジャーに出かける時間が少なくなります。

 

最近では、働き方の多様化が進み、週休3日制を導入する企業も増えてきました。

パラレルワークで働く環境を求めるのならば、週休3日制の企業で働く考え方もあります。

 

 

今までの友人と距離が生まれる

働き方が変わると考え方や価値観が変わるので、今まで付き合ってきた友人と話が合わなくなってきます。

考え方や価値観が近い人と時間を過ごすことが増え、今までの友人とは自然と距離が生まれてきます。

 

 

パラレルワークのメリット

パラレルワークのメリット

収入源を分散できる

スキルと経験を広げられる

それぞれの仕事で相乗効果が生まれる

仕事の行き詰まりがなくなる

好きなことができる

 

収入源を分散できる

1つの事業、1つの会社に依存していると、いざ立ち行かなくなってしまった場合に収入が途絶えるリスクがあります。

複数の仕事を掛け持ちすることで収入源を分散できますので、リスクヘッジになります。

 

実際、私もコロナショックの時に外の仕事は減ってしまいましたが、在宅の仕事の成果は逆に伸ばすことができました。

 

 

スキルと経験を広げられる

1つの仕事よりも複数の仕事を掛け持ちすることで見識が広がります。

それに伴って、スキルと経験の幅を広げられます。

 

 

それぞれの仕事で相乗効果が生まれる

Aの仕事で得た経験をBの仕事に活かせることができれば、その逆もあります。

複数の仕事の掛け合わせで新しいものを生み出すこともできます。

 

 

仕事の行き詰まりがなくなる

パラレルワークの働き方に慣れると、新しいことを次々と挑戦することが当たり前の感覚になります。

 

私も経験がありますが、会社員時代で1つの仕事だけをしていて、自分のキャリアに行き詰まるということがなくなります。

 

 

好きなことができる

本業ではできないことを仕事にすることができます。

やりたいことを実現するために会社を辞める必要はありません。

 

パラレルワークの働き方事例とおすすめのサービス【初心者向け】

パラレルワークで働く人にとって、その目的は様々です。

収入を増やしたい

収入源を複数持ちたい

スキルを広げたい

見識を高めたい

色んな働き方をしてみたい

将来起業したい

etc

 

パラレルワークの働き方の事例とおすすめのサービスについて紹介してまいります。

 

地方の活性化に貢献したい

地方の活性化に貢献したい

 

人口減少の課題を抱える地方の課題は深刻です。

人口が都市に集中しているなかで、優秀な人材、発想力は地方まで流れてこないところにチャンスがあります。

 

地元にすぐには戻れないが、副業としてなら働ける

地元地域を盛り上げたい

この地域であれば自分の強みを活かせる

こうした人にはおすすめの働き方です。

 

リモートワークの普及によって、都心に住みながらも地方の仕事に携わることができるようになりました。

 

スキルと経験を地方の企業に還元できる人材と地方の中小企業をマッチングするプラットフォームも生まれています。

 

おすすめのサービス

スキルシフト

あなたの業務スキルを地域企業に還元

 

YOSOMON

地方企業の課題解決に参画できるプロジェクト紹介サイト

 

ふるさと兼業

愛する地域と共感する事業で選ぶプロジェクト型兼業

 

 

好きなことを教えたい

好きなことを教えたい

 

「好きなことを仕事にできたらいいのにな~」

「人に教えることを仕事にしてみたい」

 

本業では難しくても副業であれば、その夢を叶えることもできます。

 

おすすめのサービス

ストアカ

教えたい人と学びたい人をマッチング

 

タイムチケット

30分単位で時間の売買ができるサービス

 

ココナラ

自分の得意なことやスキルが出品できるオンラインマーケット

 

ビザスク

ビジネススキルや経験を企業にアドバイス

 

知識や経験、スキルを教えることが仕事になります。

自分では当たり前のことが、他の人から見ると、すごいスキルに感じることもあります。

 

実際、私も旅行のプラニングを販売して、予想以上の値段で購入いただいたこともあります。

自分のこれまでの経験を販売してみることで、その価値観に気づくこともあります。

 

 

会社の看板なしで実力を試してみたい

会社の看板なしで実力を試してみたい

 

「会社の看板なしでどこまで通用するか試したい!」

「自分のスキルを活かしてもっと稼ぎたい!」

 

本業とは別の組織や案件に携わることで自分の新たな一面を見つけることもできます。

 

おすすめのサービス

midworks

ITエンジニア向けで保有案件数は業界最大級

 

プロの副業

マーケティングスキルを活かした仕事をライフスタイルに合わせて「週1」や「月1」からスタート

 

シューマツワーカー

週10時間から企業のスタートアップに参画

 

セールスハブ

営業スキルや人脈を活かしてアポイントで稼ぐ

関連記事 人脈を活かした紹介型の副業『Saleshub(セールスハブ)』

 

本業の会社だけでは、自分の実力や市場価値が見えにくいものです。

本業とは別のステージで実力を存分に発揮できれば、起業や転職など新たなキャリアを見つけることができるかもしれません。

 

 

自信はないけどパラレルワークに挑戦してみたい

自信はないけどパラレルワークに挑戦してみたい

 

特別な経験や自信のあるスキルはないけど、パラレルワークに挑戦してみたいという方におすすめのなのが以下の2つ。

アルバイトとして兼業する

クラウドソーシングサービスで簡単に仕事から始めてみる

 

●アルバイトとして兼業する

アルバイトでも、スキルアップに繋がる仕事だったり、本業との相応効果の生まれる仕事はあるはずです。

アルバイトの働き方であれば、誰でもできる働き方なので、まずは兼業することに慣れる意味でスタートするのもありです。

在宅でできるアルバイトであれば、平日の隙間時間や本業の休みの日に取り組むこともできます。

 

 

●クラウドソーシングサービスで簡単に仕事から始めてみる

パソコンとインターネットの環境があれば、在宅でクラウドソーシングサービスを通じて仕事をすることができます。

アルバイトと違って、案件ごとの取り組みとなることが多いので、まずは短期間で試しめてみましょう。

データ入力など簡単な仕事から始めてみて、兼業に慣れることを目指して取り組めます。

 

パラレルワークで働く注意点

パラレルワークで働くにあたって注意点もあります。

これからパラレルワークを始める方が注意すべき点をまとめました。

 

●労働時間の長時間化

本業が複数あることで、無理な労働になりがちです。

自己管理となるので、健康を害さないように注意しなければなりません。

 

 

●雇用保険など福利厚生が低減になる

複数の企業で労働をする場合は雇用保険など福利厚生が低減になります。

例えば、A社で週3日、B社で週2日働いた場合、いずれの職場でも勤務時間が週20時間を下回ると雇用保険加入の対象から外れてしまいます。

 

また、年次有給休暇は週の勤務日数が少なければ少ないほど、付与日数が減ることも留意しておかなければなりません。

参考:雇用保険の加入手続はきちんとなされていますか!(厚生労働省)

参考:有給休暇ハンドブック(厚生労働省)

 

 

●守秘義務違反

A社の勤務で得た顧客情報をB社の業務に使えば、守秘義務違反となります。

関連業界で兼業をする場合は情報の持ち出しには特に注意しましょう。

参考:「守秘義務」に関する具体的な裁判例の骨子と基本的な方向性(厚生労働省)

 

【まとめ】パラレルワークの働き方は創造性が豊かになる

【まとめ】パラレルワークの働き方は創造性を生み出す

 

働き方が多様化しているなかで、複数の仕事を持つパラレルワークの働き方をする人は増えていくと予想されます。

 

世界中の労働者がコロナショックを経験して、1つの仕事、1つの事業だけではリスクであることを肌で感じているからです。

 

雇用保険など労働者への支援制度は、従来のフルタイムワーカーを基準とした制度設計のままで、パラレルワークへの公的なサポートの体制はこれからと言えます。

パラレルワークの働き方が増えていくことで、新しい制度も今後生まれてくるはずです。

 

また、それぞれの仕事を掛け合わせて新しいものが生み出されたりすることがあります。

物の見方が変わったり、知識や人脈が広がったりして、創造性豊かな人間になることができます。

 

今の仕事や職場に行き詰まっていたり、働き方を変えていきたいという方は、パラレルワークの働き方も検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

当ブログでは、この時代を生き抜くための新しい働き方を紹介しています。

働き方を変えたいという方はこちらの記事もぜひご覧ください。

 

 

関連記事【収入源を複数持つ働き方】│収入源が1つしかないのはどうなの?

関連記事【副業(複業)社員求人サイト】比較│目的別にサービスの特徴を解説

人気記事【在宅ワーク(テレワーク・リモートワーク)】の始め方│初心者向け完全マニュアル

おすすめ記事【転職の考え方】誰もが「いつでも転職できる」カードを持つことで日本の働き方が変わる

 

Twitterで働き方をテーマにして呟いています

\Follow Me!/