【スキルシェア】スキルマーケットの活用方法│副業サービスまとめ

使っていないモノや場所などを共有する「シェアリングエコノミー」が、人々の生活に溶け込み始めています。

その中でも、個人の知識や経験などを共有する「スキルシェア」があります。

「自分には他人に提供する知識もなければ、誇れる経験もない・・・。」

こう思う方もいるでしょう。

世の中では、あなたが思っている以上に、あなたの知識や経験が求められているものです。

実際、私もたいしたことないと思っていた知見がスキルシェアを活用して仕事になったことがあります。

本記事では、スキルシェアのサービスを活用した副業の仕方とおすすめのスキルマーケットを解説してまいります。

本記事で分かること

スキルシェアのサービスの需要について

スキルシェアのサービス活用方法

副業でおすすめのスキルマーケット【目的別】

スキルマーケットを利用するメリットとデメリット

自分のスキルや知識、経験を副業として活かしていきたい方は、ぜひご覧ください。

目次

スキルシェアとは

個人が持っているスキルをシェアすることを「スキルシェア」と言います。

シェアするものは、空き部屋や駐車場など有形のものばかりではありません。

個人の知識や経験などを共有する「スキルシェア」がビジネスとして活用されています。

スキルシェアの市場規模

スキルシェアの市場規模

参照元:【スキルシェアリングサービス市場調査】副業解禁や働き方改革を背景にビジネス系サービスが牽引、2018年は350億円と予測

スキルシェアサービスは2018年の副業解禁のタイミングから伸び続けている分野です。

特にビジネス系サービスは、企業の人手不足やコストダウンの需要から、外部に委託するケースも増え、スキルシェアで人材を活用するケースも目立つようになりました。

これまで世の中に提供されてこなかった、個人の特技や知見、経験、スキルを提供する取り組みに価値が生まれ、市場の多様化が進む現代では急速に需要拡大が進んでいます。

スキルシェアによる副業

スキルシェアリングサービスを活用することで、自分のスキルを副業にすることができます。

副業する人にとって目的は様々ですが、スキルシェアリングサービスを活用した副業では以下の目的と相性が良いです。

お金を稼ぐ

人の役に立つ

交流を楽しむ

スキルを磨く

スキルシェアサービスによる副業は、自分のスキル・経験・知識といった「仕事の質」が対価となります。

「仕事量」で副業した場合、本業の仕事量と合わせると「長時間労働」の危険が出てきます。

しかし、「仕事の質」で対価を得ることができれば、場所や時間に縛られることなく、自分のペースで副業することができます。

スキルシェアのサービス活用方法

スキルシェアのサービスは「知識」・「スキル」・「経験」を売り買いできるオンラインマーケットです。

スキルシェアのサービスを活用していくには、以下の3つの視点で考えます。

①何を

②誰に

③どうやって

順番に解説します。

どんなスキルを売るのか?

どんなスキルを売るのか?

あなたが売ることができるスキルを考えます。

実績のない人がスキルを売っても、信用できないので買われません。

自分より実績の凄い人や経験豊富な人からから買いたいものです。

あなたにはどんなスキルがありますか?

まずはスキルの棚卸から始めます。

売るスキルはあなたが経験してきたことや得意なことにするべきです。

もし売るスキルが見つからなければ、後ほど紹介するスキルマーケットのプラットフォームをチェックしてみましょう。

各カテゴリーを眺めていれば、「これなら自分もできる」と思えることが見つかるはずです。

あなたのスキルを誰に売るのか?

あなたのスキルを誰に売るのか?

売るスキルが決まったら、誰に売るのかを考えます。

どんなに素晴らしいスキルでも、それを求めていない人たちに勧めても売れません。

売れる場所で売らなければなりません。

後ほど紹介するスキルマーケットのプラットフォームをチェックして、あなたのスキルをどこに出品するべきか見定めていきましょう。

スキルをどうやって売るのか?

スキルをどうやって売るのか?

一般的にビジネスでは集客が最も大事な要素であり、最も難しい部分です。

飲食店の70%は3年以内で廃業すると言われておりますが、その大半の原因は集客ができないことにあります。

「どうやって売るのか」を考えるのはビジネスにおいて、とても大事な要素です。

あなたの商品に興味を持つユーザーが集まるプラットフォームで出品すればビジネス未経験の方でも売ることはできます。

そのなかで最大限売れるように工夫することで、ビジネスに必要なマーケティングスキルを身につくことができます。

副業でおすすめのスキルマーケット【目的別に解説】

副業として活用できるスキルマーケットは多種多様にあります。

スキル販売型

コーチング型

コンサル型

活用の目的にあわせて3つに分けてそれぞれ解説します。

スキル販売型

スキル販売型

自分の知識や経験など無形のサービスを販売することができるプラットフォームです。

スキルシェアに挑戦する初心者におすすめのスキルマーケットです。

[getpost id=”4612″]

コーチング型

コーチング型

人に教える仕事をしたい方にはコーチング型のプラットフォームの利用もおすすめです。

これまで街の塾やスクールに通って教えてもらっていたことが、インターネットを通じて学ぶことができるようになりました。

教える人と学ぶ人を簡単にマッチングできることで副業として取り組む人も増えてきました。

[getpost id=”4656″]

コンサル型

コンサル型

自分のスキルに自信がある方や法人向けに提供したい方はコンサル型のプラットフォームの利用がおすすめです。

法人向けに提供できるスキルがあれば、報酬の高い仕事も受けられるようになります。

[getpost id=”4663″]

スキルマーケットを利用するメリットとデメリット

スキルマーケットを利用するにもメリットとデメリットはあります。

スキルマーケットのメリットとデメリットを理解した上で、利用するようにしましょう。

2つのメリット

手間をかけずに集客ができる

効率的に営業活動ができる

順番に解説してまいります。

手間をかけずに集客ができる

仕事を受注するのにも集客をしなければなりません。

スキルマーケットではスキルを求めているユーザーが集まっていますので、あなたが宣伝広告をする必要はありません。

効率的に営業活動ができる

自分のスキルと相性の良いプラットフォームを選ぶことで、自分のスキルを求めている顧客に出会える確率が高まります。

効率的に受注するにはプラットフォームの選定がポイントです。

2つのデメリット

手数料がかかる

プラットフォームに依存してしまう

順番に解説してまいります。

手数料がかかる

スキルマーケットは自分のスキルを誰でも簡単に販売できる仕組みが構築されていますので、利用手数料がかかるのは仕方ないことです。

将来的にプラットフォームを利用しなくても売り上げを作れる仕組みを構築することを視野に入れながら活用していきましょう。

プラットフォームに依存してしまう

プラットフォームには集客力があります。

集客はビジネスで大事な部分なので、どうしても依存しがちになります。

利用しているプラットフォームが閉鎖したり、規約が変われば、売り上げに影響が出てくることもありますので、プラットフォームへの完全な依存はリスクが伴います。

スキルマーケットを活用した副業で働き方を変える

スキルマーケットを活用した副業で働き方を変える

スキルマーケットを活用した副業であなたの働き方を変えることができます。

これまでの仕事が「仕事量」や「労働時間」で得る収入であれば、スキルシェアの活用によって「仕事の質」で得る収入に変化することができます。

収入を「仕事の質」で得ることができるようになれば、働く時間を短くしたり、会社員を辞めてフリーランスとして働けるようになったり、働き方の自由度が高くなります。

人生100年時代に、持続可能な働き方を考えた時に、スキルシェアサービスを活用した副業はあなたの働き方を変えるきっかけとなるはずです。

あなたが世の中に提供できるスキルを見つけて、ぜひ副業として活かしてみてください。

関連記事クラウドソーシングとは│活用のメリットとデメリット&使い方を解説

Twitterで働き方をテーマにして呟いています

\Follow Me!/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

大手旅行会社に13年間、外資系生命保険会社に2年間勤務し、現在はパラレルワーカーとして「時間」、「場所」、「組織」に縛られない自由な働き方をしています。

目次
閉じる