好きなことを見つけて仕事にする方法

好きなことが見つからない・・・。

 

好きなことで食っていくのは難しい・・・。

 

これが常識だと思っている方は一度疑ってみてください。

 

この常識は親から言われたことなのか、それともドラマや映画で聞いたセリフなのか。

いずれにせよ自分で確かめてない情報なら、その常識に従うのは思考停止以外の何物でもありません。

 

「好きなことで食っていけるのが少数派」と思っていても、次に考えるべきは「どうすれば食っていけるのか?」という点です。

少数派なら「やっぱり自分には無理だな」と諦めてしまうのは、あまりにももったいないです。

 

 

【仕事を楽しむ考え方】仕事が楽しい人のタイプは2種類』で人間には2種類のタイプがいることを解説しました。

 

・「何をするか」に重きを置く『to do(コト)』型の人間

・「どんな人でありたいか、どんな状態でありたいか」を重視する『being(状態)』型の人間

 

99%の人間は『being(状態)』型ですが、好きなことを探して、それを仕事にできるのは簡単ではないと思うことでしょう。

 

しかし、『being(状態)』型の人間も、ある程度好きなものは見つけられます。

 

具体的にどうやって見つけるのか?

 

今回は、好きなことを見つけて仕事にする方法について解説します。

 

本記事をご覧いただければ、仕事の判断軸が得られるようになります。

 

その前に、『being(状態)』型の人間がどういう状態のなのか、下記の記事で解説していますので、先にこちらをご覧頂けますと理解が深まります。

 

好きなことを見つける方法

 

結論から言うと、「得意なこと」を「好きなことに」に近づけることです。

まず前提として知っておいたほうがいいことがあります。

 

『being(状態)』型の人間にとって、好きなことは、見つけるものではなく、見失うものであるということです。

 

例えば、100人の子供に夢を聞いてみると、多くの子供が何かしら答えます。

 

しかし、同じ質問を100人の『being(状態)』型の大人にすると、多くの人が答えられません。

 

つまり、夢とは、新たに見つけるようなものではなく、ここに至るまで、見失ってしまったものとなります。

 

 

『being(状態)』型の人間が好きなことを見つける方法は2つあります。

 

『being(状態)』型の人間が好きなことを見つける方法

1.他の人から上手だと言われるが「自分ではピンとこないもの」から探す方法

2.普段の仕事の中で「まったくストレスを感じないこと」から探す方法

 

 

「自分ではピンとこないもの」から探す

人はできることより、できないことのほうに目が行くものです。

 

逆に、他人に褒められること、自分が好きなことというのは、自然とできてしまうので、本当の凄さに気づかないものです。

自分ではピンとこないものの、人から評価されていることに注目して探してみましょう。

 

 

「まったくストレスを感じないこと」から探す

次に、普段の仕事中で、「ストレスを感じないこと」から探す方法です。

 

多くの大人が「やりたいことは?」と聞くと答えられない。

 

しかし、「やりたいこと」がない大人でも、「小さなやりたいこと」は持っているものです。

 

それは、他の人はストレスを感じるけど、本人はまったくストレスを感じないことです。

 

私の場合だと、営業をしていた頃、毎日新しい人と会っていました。

私はまったく苦にならないことでしたが、周囲の人間のなかには、初めて会う人に緊張とストレスを感じるという人もいました。

 

大変な仕事の中でも、まったくストレスを感じないこと。

それこそが、好きなことに通ずる可能性が高い仕事です。

 

好きなことから仕事を選ぶ基準を見つける方法

 

『being(状態)』型の人間が好きなことを見つける方法は理解できたところで、具体的にどうやって仕事に繋げるのか?

 

好きなことが分かったら、自分の「ラベル」にすることです。

 

「ラベル」とは、自分だけのキャッチコピーのようなものです。

 

 

組織が、個人を守ってくれる時代は終わりました。

いつ会社から放り出されるか分かりません。

 

その時にひとつのでもいいので、個人として「ラベル」を持っていないと、いくらでも替えがきく存在となってしまいます。

 

どんなニッチな領域でもいいので、まずは自分自身の「キャッチコピー」を考えることです。

人に見せなくてもよいので、ダサくても、質にこだわらなくても大丈夫です。

 

そして「キャッチコピー」はいくつ付けても構いません。

 

「今できること」だけではなく、「これからできるようなりたい」ことでも構いません。

理想や憧れからであれば、たくさん付けることができるはずです。

 

大事なのは、仮でもいいので、その「ラベル」を付けることです。

 

そうすることで、こうれからやるべきこと、仕事を選ぶ基準が見えてきます。

 

私の場合、ざっくり書き出すとこんな感じです。

 

・テレアポ職人

・ビジネスライター

・トラベルプランナー

 

「テレアポ職人」という「ラベル」を貼ったことで、この「ラベル」がより強固となるような仕事選びを意識しました。

 

その結果、より強固な「ラベル」となりつつあります。

 

好きなものを明確にしたうえで付けた「ラベル」は強いきっかけとなります。

単なる得意なことと違って、好きなことは努力や勉強が苦にならないからです。

 

嫌々する人や、ストレスを抱えながらする人と比べれば、大きなアドバンテージとなります。

 

【まとめ】 仕事選びの判断基準

 

替えのきく存在から脱出するには、以下の2つから「ラベル」にすることです。

 

・自分の好きなこと

・苦にならないこと

 

「ラベル」にすることは、理想であったり、まだできないことでも構いません。

 

ラベルを付けたら、「そのラベルがより強固になるか」という判断基準で仕事を選ぶのです。

 

ラベルによって選んだ仕事は、苦にならないので、努力できるようになります。

結果、それが周囲との差別化を生み、自分の強みとなり、高い市場価値を生み出します。

 

 

人気記事市場価値(マーケットバリュー)を高めて安定した仕事と働き方を手にする

人気記事【仕事を楽しむ考え方】 仕事が楽しい人のタイプは2種類

人気記事【在宅ワーク(テレワーク・リモートワーク)】│初心者向けの始め方完全マニュアル

 

関連記事
スポンサーリンク