転職の考え方で働き方が変わり人生が変わる【令和の個人戦略 転職編】

誰もが「いつでも転職できる」カードを持つことで日本の働き方が変わる

現代は、2人に1人が転職する時代ですが、いまだに転職の話を社内ですることはタブーとして扱われています。

 

このタブーがなくなれば、働く人々だけでなく、組織や社会にとってもポジティブな影響を与えます。

 

転職する優秀な人材は、在籍しているときは、必死になって働き会社に貢献します。

その会社を辞めるまで一生懸命働くわけです。

 

反対に、「一生この会社にしがみつくぞ」という人のなかでは、一生懸命働くふりをして、会社にぶらさがっているだけの人もいます。

 

会社が大事にしなきゃいけないのは、ぶらさがっている人間ではなく、将来いなくなるかもしれないが、今必死になって働き会社に貢献している人でなければなりません。

 

会社に貢献してくれる人間であったら、数年勤めてくれて御の字なはずです。

こういった考え方を持った会社が今の日本でどれほどあることでしょう。

 

企業が転職をタブー扱いし、社員が会社にしがみついたとき、程度の差はあれ、視点が社内に向いた不毛ないさかいは起こり得ます。

 

すべての働く人が「いつでも転職できる」という交渉のカードを持てば、今の職場もよくなります。

 

誰もが必ずしも転職をするべきということではなく、「いつでも転職できる」という交渉のカードを持っている状況であることが大事なのです。

 

「いつでも転職できる」という交渉のカードを持っていることで、今の職場だけでなく、日本全体で見ても、ブラック企業はなくなり、日本の働き方も大きく変わります。

 

転職の考え方で人生が変わる

いつでも誰でも転職できる状態をどう作るのか?

 

それは、転職についての考え方です。

 

この「転職についての考え方」が人生を大きく左右すると言っても過言ではありません。

 

以下の記事で、転職についての考え方を解説しています。

 

 

これらの記事に書いてあることを理解して頂ければ、「いつでも転職できる」状態を手にすることができます。

 

誰もが「いつでも転職できる」状態を手にすることで、早期退職やリストラ、企業の倒産など、これらが頻繁に起こりうるリスキーな現代を生き抜くことができます。

 

 

転職する方法についてはこちらで解説しています。

 

 

転職が当たり前になれば日本の働き方が変わる

日本で転職が当たり前になれば日本の働き方が変わります。

 

それには、

・すべての働く人が「いつでも転職できる」状態にすること

・転職をタブー視した会社をなくすこと

 

これからのことは社会にとって重要な課題です。

 

 

世の中、自分のキャリアに悩んでいる人は大勢います。

 

・企業に勤めているけど、将来が不安な人

・今の会社が嫌だけど一歩踏み出せない人

・才能があるのに出る杭として打たれてしまっている人

 

このような人たちは転職の考え方1つで人生が変わる可能性を秘めています。

当サイトを通じて、人生を変えるための一歩を踏み出す人が1人でも増えてくれれば幸いです。