在宅ワーク(テレワーク・リモートワーク)の働き方を解説

在宅ワークってどんな働き方はあるの?

在宅ワークで働いてみたい

 

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

Take

私は現在フリーランスとして在宅ワークをしています。

 

在宅ワークと言っても、正社員としてテレワークもあれば、パートやアルバイトの内職もあり、その働き方は様々です。

 

今回は、在宅ワークのそれぞれの働き方について解説してまいります。

 

在宅ワークは、テレワークやリモートワークと様々な呼称があります。

大きな違いはありませんが、気になる方は、下記の記事をご覧ください。

 

\在宅ワークを一から知りたい方はこちら/

 

本記事をご覧いただければ、今の自分の働き方の中で在宅ワークを取り入れるイメージができるようになります。

 

在宅ワークにはどんな働き方があるの?

在宅ワーク最大の特徴はオフィスに通勤しなくてもよいことです。

働く側にとってはたくさんのメリットが生まれます。

 

・家事や子育てしながらも働ける

・人間関係に悩まない

・近所の職場を探さなくてもよい(求人範囲が広がる)

etc

 

在宅ワークと言っても、その働き方は様々です。

 

大きく分けると本業と副業の2つに分けられます。

 

在宅ワークの働き方

●本業としての在宅ワーク

●副業としての在宅ワーク

 

本業としての在宅ワーク(テレワーク・リモートワーク)の働き方

 

本業としての在宅ワークでも、人によって立場が違います。

 

本業としての在宅ワーク

・正社員としての在宅ワーク(正規雇用)

・派遣社員としての在宅ワーク(非正規雇用)

・パート、アルバイトとしての在宅ワーク(非正規雇用)

・フリーランスとしての在宅ワーク(非正規雇用)

 

それぞれの状況に応じた在宅ワークを解説してまいります。

 

正社員としての在宅ワーク(正規雇用)

正社員でありながら、出社せず自宅で働いている人は存在します。

自宅で正社員として働くことが認められている会社であれば、正社員として在宅ワークが可能なのです。

介護や育児など、さまざまな事情で出社が難しくなったときに、テレワークを制度化している企業であれば、辞めずに続けていくことができます。

 

正社員で在宅ワークの求人を探す方法

 

 

派遣社員やパート、アルバイトとしての在宅ワーク(非正規雇用)

日中に家を空けることができない主婦(夫)の方や、隙間時間で仕事をしたい方も多くいます。

正社員として働くのは難しいけど、派遣社員やパート、アルバイトなどの非正規雇用として在宅ワークで仕事したい方向けに紹介します。

 

派遣社員としての在宅ワーク(非正規雇用)

数は少ないですが、派遣会社でも在宅ワークが可能な仕事を紹介してくれるところもあります。

 

派遣社員で在宅ワークの求人を探す方法

 

パート・アルバイトとしての在宅ワーク(非正規雇用)

パートやアルバイトの在宅ワークはシール貼りや造花づくりなどの内職のイメージが強いですが、パソコンを使った仕事もあります。

在宅の場合、時給ではなく成果型の報酬にしているところがほとんどです。

 

働いた時間でもらえる時給制ではないので、初めての方は収入の計算が立ちにくいです。

しかし、慣れてくれば、これだけの業務量なら、この位は稼げるというイメージできるようになります。

 

下記の記事で在宅ワークが可能なアルバイト求人の探し方を解説しています。

 

パート・アルバイトで在宅ワークの求人を探す方法

 

 

フリーランスとしての在宅ワーク(非正規雇用)

フリーランスの働き方自体、在宅ワークのイメージが強いと思います。

フリーランスはどこにも所属してませんので、自ら仕事を見つけたり、生み出す必要があります。

 

自分の中で、定期的に仕事を持ち続ける環境を構築できたり、ビジネスの立案がある人がフリーランスの道を選びます。

 

副業としての在宅ワーク(テレワーク・リモートワーク)の働き方

 

副業として在宅ワークを選ぶ人も増えています。

 

オフィス勤務に人の中では、新型コロナウイルスで自宅待機を命じられた人も多く、オフィス勤務と在宅の2つの働き方を持つことは、こうした疫病や災害の時の備えになります。

 

副業としての在宅ワークを探す方法

 

テレワークによる働き方改革

政府も在宅可能なテレワークによる働き方を推進しています。

 

若者や女性、高齢者、介護者、障害者を始めとする個々人の事情や仕事の内容に応じて、クラウドなどのITサービスを活用し、外出先や自宅、さらには山間地域などを含む遠隔地など、場所にとらわれない就業を可能とし、多様で柔軟な働き方が選択できる社会を実現するとともに、テレワークを社会全体へと波及される取組を進め、労働者のワーク・ライフ・バランスを実現する。

すべての労働者がワーク・ライフ・バランスを保った働き方をするために、テレワークを積極的に取り入れ、2020年までに全労働人口の10%をテレワーカーにすると政府は目標を掲げています。

 

こうした流れから、自分の働き方に在宅ワークを取り入れることは、これからの時代に合った働き方と言えます。

 

今の自分の働き方の中で在宅ワークを取り入れる

 

在宅ワークと言っても、正社員として正規雇用で働く人もいれば、パートやアルバイト、フリーランスなどの非正規雇用で働く人もいます。

 

在宅ワークの働き方は様々ではありますが、どの立場の人であっても、在宅ワークで仕事をできるようにしておくことが求められてくるのではないかと思います。

 

本業の仕事を在宅ワークに切り替えられないか勤務先に打診してみたり、本業とは別で副業として在宅ワークに取り組んでみるのもいいでしょう。

派遣やパート・アルバイトの人であれば、在宅ワークが可能な仕事に変えてみることもできます。

 

ぜひ、今の自分の働き方の中で、在宅ワークを取り入れることができないか考えてみてください。

 

 

人気記事【転職の考え方】誰もが「いつでも転職できる」カードを持つことで日本の働き方が変わる

おすすめ記事クラウドソーシングとは│活用のメリットとデメリット&使い方を解説

 

 

Twitterで在宅ワークについて呟いています

\Follow Me!/

スポンサーリンク