リモートワーク(在宅ワーク)しやすい職種10選

「リモートワークしやすい仕事にはどんな職種があるの?」

「在宅ワークの働き方を目指していきたいけど自分にできる職種はあるのかな?」

 

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

在宅ワークは、テレワークやリモートワークと様々な呼称があります。

大きな違いはありませんが、気になる方は、下記の記事をご覧ください。

 

\在宅ワークを一から知りたい方はこちら/

 

通勤を必要としない、リモートワークは働く場所を選びませんので、働き方の幅を広げることができます。

 

本記事で、どんな職種がリモートワークしやすいのか詳しく紹介します。

 

リモートワークしやすい職種を知ることで、あなたのこれからの働き方や転職のヒントとなることでしょう。

 

リモートワークしやすい職種条件

リモートワークは様々な職種に導入されていますが、サービス業や医療、介護、保育、など不向きな仕事もあります。

 

国や企業のなかでもテレワークが浸透してきているものの、まだ全ての仕事が在宅ワークできるわけではありません。

 

リモートワークに向いている職種の条件として挙げられるのは次の2点です。

パソコンでできる仕事

1人でできる仕事

 

自分のペースを崩さずに業務に集中できる労働環境がリモートワークに向いていると言えます。

 

パソコンでできる仕事内容であること

在宅ワークの職種は、パソコンを使用する職種が中心となります。

パソコンで行うデスクワーク、ソフトウェア開発などの技術職、デザインなどのクリエイティブ職がその代表ですが、近年のテクノロジーの進化により、その領域は広がってきています。

 

 

1人でできる仕事内容であること

1人で完結する業務、あるいは分担制でも直接、誰かと対面して行う必要がない業務は、会社にいなくても自宅などで進めることができるため、リモートワークに向いています。

仕事の進捗状況や成果物を管理ツールなどで他のメンバーと共有できるような体制であることも条件と言えます。

 

 

リモートワークが可能な仕事内容については下記の記事で詳しく解説しています。

 

リモートワーク(在宅ワーク)しやすい職種を10種紹介

・システムエンジニア(SE

・プログラマー

・Webデザイナー

・Webライター

・Webディレクター

・マーケター

・コンサルタント

・営業

・広報

・カスタマーサポート

 

順番に解説してまいります。

 

システムエンジニア(SE)

 

システムエンジニアは、需要に対して供給が追いついていない職種で常に人材が不足しています。

 

IT系エンジニアは、会社員としての働き方と独立してフリーランスで働くという選択肢があります。

 

フリーランスは自由度が高いと思われますが、営業から経理まで、本来の業務以外のこともすべて自分一人で行わなければなりませんので、負担が大きくなります。

 

一方、会社雇用のリモートワークエンジニアは、業務だけに集中して仕事することができますし、収入も安定します。

リモートワークエンジニアは、他のエンジニアと共同でプログラムの開発プロジェクトに携わることもあり、個人で受注できる仕事より、大きな仕事にチャレンジできる機会があります。

他のエンジニアとチームで仕事をすることで、より大きな案件に取り組めますので、貴重な経験を積むことができます。

 

会社員でいる以上、収入を一気に増やすことは難しいですが、エンジニアの仕事に専念した環境で経験を積むことで独立して収入を増やす道も見えてきます。

 

すぐに独立したい場合でも、まずは会社員としてエンジニアの仕事に専念できる環境で経験を積み準備していくことがよいでしょう。

 

 

プログラマー

 

システムエンジニア(SE)同様、プログラマーも常に数が不足している状況なので、一から学んで職に就けるチャンスは十分あります。

使えるプログラミング言語によっては、非常に求人も多く、安定して仕事をすることが可能な業界と言えます。

 

SEは、クライアントの要望・要求に基づいて、システムを設計することが主な仕事ですが、プログラマーはその設計をもとにプログラミングを行うことが主な仕事です。

中には、プログラマーとして現場経験を積んだ上で、 SEとしてのキャリアステップを目指す方も多くいます。

 

SEの世界では、新人時代に、まずはプログラマーとして配属されることが一般的で、実務のなかで、コンピューターやシステム知識など身に付けていきます。

 

使用するプログラミング言語は、「Java」、「JavaScript」、「Perl」、「PHP」、「Objective-C」など多数あります。

担当する仕事によって、必要になる言語も変わってきます。

 

プログラミングの技術は、一つのプログラミング言語を極めてから、次の言語の学習をしていくことが一般的です。

 

多くの言語を扱えるようになると、新しい開発にも携わることができるようになります。

 

開発だけでなく、システムエンジニアの計画した設計のバグ(意図しない動作)を発見することも求められます。

テストを繰り返してバグを処理し、不備のない状態で納品できるように修正することもプログラマーの重要な仕事のひとつです。

 

フリーランスのプログラマーはスキル次第で収入アップを見込める職種の一つです。

企業に所属して実務経験を積んだ後に、そこで培った高い技術力を生かして転身するケースが王道です。

業務の進め方や、クライアントを探す際の人脈など、会社員時代で築いておくと、独立しやすいです。

 

ただ、今はプログラミングスクールに通ったりしながら、独学で学ぶこともできますので、自分の状況に応じて、目指せる職種と言えます。

 

 

Webデザイナー

 

Webデザイナーの主な仕事内容は、企業や個人などのクライアントから依頼されたWebサイトのデザインを担当する仕事です。

クライアントが思い描いているWebサイトを制作できるよう、レイアウトからデザイン、コーディングまでの全体の構成を考えていきます。

 

知識とスキルがあれば、未経験でも仕事に就くことができます。

もちろん、過去にWeb関係の業務経験があったり、あらかじめWebスクールに通い高度なスキルを身につけていたりする場合には、即戦力として歓迎されます。

 

 

Webライター

 

企業のWebサイトに掲載するコラム記事、ネット広告の文章、ECサイトに掲載する商品の説明文など、Webライターは幅広い内容のWebライティングを行います。

案件のジャンルも様々で、幅広く文章の執筆に携わることができます。

文章を書くことができれば基本的には誰にでもできる仕事と言えますが、請け負う仕事の幅を広げるために、好奇心旺盛で常に世の中の動向にアンテナを立てておくことが欠かせません。

 

Webライターに必要なスキルは物事を正確に伝えられることです。

自分が伝えるべきことを文章を使って正確に表現できるスキルが必要です。

 

また、書きたいことだけを書くだけでは読み手を無視した文章になってしまいがちなので、相手の知りたいことを読み取るスキルも大切です。

 

Webライターの場合、SEO対策を求められることも多いので、SEOをある程度理解しておくことやペルソナについても理解しておく必要があります。

 

副業でも人気のある職種で、今回紹介する職種のなかでは一番取り組みやすい職種と言えるかもしれません。

 

企業に所属するWebライターであれば、ある程度の収入を確保することができます。

 

しかし、フリーランスの場合は自分の仕事を確保しなければなりません。

 

Webライターの数は多いので、初めから高収入を得ることは難しいです。

最初は低単価で仕事を請け負い、徐々に実績を積んでから、単価を上げていく方法がよいでしょう。

 

 

Webディレクター

 

Webディレクターは一般的に、Web制作のプロジェクトをまとめる人を指します。

プログラマーやデザイナーなど制作工程を担当するスタッフを監督・指揮する役割です。

 

またクライアントの要望や考え、イメージをヒヤリングして、Webサイトを構築する役割も担います。

プロジェクトの進行管理をはじめ、Webコンテンツ制作の責任者の立場でもあります。

 

インターネットを活用して売り上げ規模を拡大していく企業は多いものの、Webディレクターは不足しています。

 

実績のある有能なWebディレクターであればフリーランスとして働くこともできますし、正社員より高い収入が狙える可能性もあります。

 

Webディレクターはプロジェクト成功のカギを握る重要な立場なので、リモートワークが認められるようになるには実績や信用を積まなくてはなりません。

Web制作会社や企業のホームページ制作部門での実務経験と実績を積むための下積みが必要です。

 

Web業界でなくても、紙媒体の編集やディレクターを手がけてから、Webディレクターを目指すことも可能です。

 

 

マーケター

 

マーケティングは売れる仕組みを考える仕事です。

マーケティングの基礎知識はもちろん、企画力、データ分析、コミュニケーション力、情報収集力、Web制作のスキルなど広範囲の知識やスキルを要する職業です。

 

企業のマーケティング部門に携わったり、マーケティングの専門企業で所属したり、フリーランスとしても活動できます。

 

社内のマーケティン部門であれば、自社の調査・解析業務に限らずコンセプト立案・商品開発・ネーミング企画・販促計画などを包括的に携わることができます。

 

マーケティングの専門企業やフリーランスのマーケターであれば、企業にアドバイス・支援して行くブレーン的な立場でクライアント企業に参画します。

 

ディレクター同様に、プロジェクト成功のカギを握る重要な立場なので、リモートワークが認められるようになるには実績や信用を積まなくてはなりません。

 

マーケターに求められるスキルを積むための下積みが必要です。

 

最近はブロガーで実績を積んでから、Webマーケターとして活動している人も多くいます。

ブログでは集客やマネタイズで実績を積むことで、マーケターに必要なスキルを幅広く身に付けることができます。

 

 

コンサルタント

 

コンサルタントは、企業の経営状態や今後の方向性に対して分析を行った上でアドバイスをしたり指導をしたりする専門家です。

経営コンサルタントやITコンサルタント、建設コンサルタントなど、企業の業種や仕事内容によって、様々なコンサルタントがいます。

 

経営状態や雇用状況を分析したり、社内のITシステムを調査したりして問題点を見つけ出し、解決策の提案するところまで責任を持って引き受けます。

 

新しい事業の立ち上げや新商品の開発のアドバイス、人材育成のシステムを構築、海外の現地法人設立など関わる業務は多岐にわたります。

 

様々な業務と豊富な経験を活かした仕事となりますので、簡単にできる仕事ではありません。

十分な下積みを経験してから目指すことができる職種です。

 

コンサルティングの専門企業に所属したり、フリーランスとしての活動があります。

 

 

営業

 

営業の仕事内容とは、自社の商品やサービスの魅力をより多くの顧客に伝え、自社と顧客の架け橋となることです。

一般的に営業は自社商品の売り込みと思われがちですが、実際には顧客の抱える課題に対して、その解決方法を一緒に考え、提案するスタンスです。

 

営業にも様々な方法がありますが、リモートワークが可能な営業は電話営業(テレアポ)となります。

主に電話を用いて新規開拓営業を行います。

 

基本的な仕事内容はとにかく電話をかけ続け、相手企業のキーマンや決裁者とのアポイントを獲得することです。

 

ある程度経験を積めば、リモートワークでも可能な仕事ですが、営業の世界では浸透していない働き方です。

テレワークに積極的な企業であれば、リモートワークの許可が出るかもしれませんので、提案してみるとよいでしょう。

 

フリーランスでも、外部に営業できる人材を求めている企業が多いので、営業代行やテレアポ代行としてフリーランスとして活動することができます。

 

 

広報

 

広報の仕事は大きく分けて3つあります。

社外広報 消費者やマスコミに向けて自社の商品やサービスなどに関する情報を発信
社内広報 社内の人間に対して情報を発信
IR広報 投資家に向けて情報を発信

 

TwitterやInstagramなどのSNSを活用した企画や宣伝をすることも増え、リモートワーク化も進んでいます。

 

社外への宣伝として展示施設やイベントの企画、ビジネスショーでの展示の企画立案・実行も行います。

ライターやデザイナーに執筆や制作を依頼し作成することもあります。

 

昨今の人で不足から企業もこうした業務を外部に依頼するケースが目立ってきており、フリーランスとしても請け負うことが可能な仕事となりました。

本業というよりは、副業としての位置づけで取り組む人が多い職種です。

 

 

カスタマーサポート

 

カスタマーサポートとは、自社製品を購入した顧客の不満や疑問を解消するための職種です。

お客様窓口や、コールセンターなどと呼ばれることもあります。

顧客の不満や課題を素早く解決して、顧客満足度を向上させることが最大の役目です。

 

電話対応となることが多い職種なので、社内でリモートワークにしたり外部へ委託していることが多い業務です。

 

接客の経験を積んでいれば、誰でも簡単に従事することができます。

 

リモートワーカーの職種に就くには2つの道がある

リモートワーク可能な職種には、会社員として企業に雇用された働き方と独立してフリーランスで働くという2つの選択肢があります。

どちらの働き方にもメリットとデメリットがあります。

 

会社員としてのリモートワーカー

会社員としてのリモートワーカーは業務だけに集中して仕事を行えるというメリットがあります。

自分の得意分野を伸ばしていきたいという方にとっては魅力的な環境です。

 

フリーランスと違い、収入が安定するというメリットもあります。

但し、どんなに成果をあげていても、収入が一気に増えないことで、モチベーションを下げてしまうこともあるかもしれません。

 

企業の一員で働く以上は、成果はチーム全体のものとなりますので、どれほどあなたが貢献したとしても、すぐに給料には反映されないのです。

 

 

フリーランスとしてのリモートワーカー

フリーランスになると、営業から経理まで、本来の業務以外のこともすべて自分一人で行わなければならず、負担が大きくなります。

どんなに優れたスキルを持っていても、仕事を受注しなければ、能力を発揮することはできませんので、集客に関わる部分も学ばなければなりません。

 

独立すると、会社員時代より収入を大きく伸ばすこともできますが、全て自分次第となります。

成果をあげることができなければ、会社員時代より収入減となりますし、収入の保証は一切ありません。

 

リモートワークしやすい職種で独立できる状態を目指す

 

リモートワークは場所を選びません。

飲食店のように初期費用をかけることなく準備できるので、独立しやすいです。

 

まずは会社員として、スキルと経験を積むことで、いつでも独立できる状態になっておくことが理想です。

必ずしも、独立すべきということではなく、そういう状態になっておくことで、企業が倒産した場合の備えになります。

 

独立できるような人材であれば、転職先にも困りません。

結果的に働き方の選択肢を増やすことに繋がるのです。

 

【まとめ】誰でもリモートワークしやすい職種に就くことはできます

リモートワークしやすい職種に共通するのは、どれも特別なスキルがなく仕事に就けることです。

 

お医者さんのように、幼い頃から猛勉強しないと就けない仕事ではありません。

誰でも一から挑戦して取り組める職種なのです。

 

「もう、若くないし、新しい職種に挑戦なんて無理」と思う方もいるかもしれません。

 

しかし、私は40代になってからWebライターやWebマーケッターの仕事をしています。

それまでは、「ライターってどうやって稼いでいるの?」、「マーケティングって何?」、こんなレベルでした(笑)。

 

私の周りでも、60代で新しい職種に挑戦する人はたくさんいます。

 

転職となると年齢制限を設けている企業は多いですが、企業に勤めることだけでなく、様々な働き方があります。

 

私は挑戦するのに「早い」、「遅い」はないと思っています。

こういった固定観念こそが、成長の妨げになるのです。

 

 

リモートワークは通勤を必要としません。

それによって、1日の限られた時間を有効に使うことができます。

 

1日の稼ぎを増やすことはできても、1日の時間を24時間以上を増やすことはできません。

 

リモートワーク可能な職種を選ぶことは、あなたの働き方の幅を広げ、人生の時間を有効に使うことができます。

 

リモートワークの働き方についてはこちらの記事で解説しています。

 

在宅ワークやテレワーク、リモートワークを導入している企業に強い求人サイトはこちらで紹介しています。

 

正社員で在宅ワークの求人を探す方法

 

派遣社員で在宅ワークの求人を探す方法

 

パート・アルバイトで在宅ワークの求人を探す方法

 

 

人気記事【転職の考え方】誰もが「いつでも転職できる」カードを持つことで日本の働き方が変わる

おすすめ記事クラウドソーシングとは│活用のメリットとデメリット&使い方を解説

 

関連記事

 

Twitterで在宅ワークについて呟いています

\Follow Me!/

スポンサーリンク