キャリアプランが思いつかない!│理想のキャリアプラン【完全ロードマップ】

キャリアプラン思いつかない

「5年後、10年後のキャリアプランが思いつかない・・・。」

「今やりたいことさえないのに、将来のことなんか分かるわけがない!」

「キャリアプランって考えておかないとダメなの?」

キャリアプランって思いつかないですし、簡単に決められないですよね。

実は、キャリアプランを決めても、その通りにキャリアを歩む人は少ないのが現状です。

Take

実際、私も昔に立てたキャリアプラン通りに進むことなく、全く違ったキャリアを歩んでいます。

初めてキャリアプランを考えたのは36歳の転職するタイミングでした。
外営業の仕事を中心にキャリアプランを立てましたが、現状はインサイドセールスとWebマーケティングの仕事に携わっています。

それではなぜ、キャリアプランという言葉があるのでしょうか?

それは、今やるべき方向性を決めるためです。

今、何をすべきか決められない人が将来のことを考えた時に、
「こういうふうに生きていきたいから、今のうちにこのスキルやこの経験を手に入れておこう。そのためには、手を付けやすいこれから取り組んでいこう。」と、将来を見て今やるべき方向性を見つけるのです。

キャリアプラン通りに進めることが重要ではなく、今やるべき方向性を決めるためにキャリアプランを立てることが重要なのです。

今回はキャリアプランが思いつかない人の原因と対策を考察しながら、キャリアプランの立て方まで解説します。

Take

私が30代の時に立てたキャリアプランを例に紹介します。

キャリアプランがある人とない人では仕事への取組み姿勢が大きく違いますので、成果も変わってきます。

転職活動の面談でも必ず聞かれますし、答えられないと面接官からの印象はマイナスになります。

私が真剣にキャリアプランについて考えるようになったのは36歳の時です。

Take

キャリアプランを考えるタイミングとしてはとても遅かったですし、もっと早く考えることができたら良かったと思っています。

キャリアプランを立てたことで、働く目的が明確になり、挑戦したいと思える仕事が見つかり、人生がより良い方向に変化していきました。

Take

今やるべきことが明確になり、将来なりたい自分の理想像が見えてくるはずです。

この記事を書いた人

<span class="swl-format-1">Take</span> <br>Webマーケター & セールスコンサルタント
Take 
Webマーケター & セールスコンサルタント

大手旅行会社に13年間、外資系生命保険会社に2年間勤務し、現在はパラレルワーカーとして「時間」、「場所」、「組織」に縛られない自由な働き方をしています。

著者情報(プロフィール

本記事を参考にしていただければ、キャリアプランが思いつかない方でも、理想のキャリアプランを立てることができるはずです。

ぜひ、最後までご覧ください。

\ 理想のキャリアプランの立て方 /
※タップするとジャンプします

関連記事:【キャリアコーチング】おすすめ相談サービス│徹底比較

目次

キャリアプランとは【思いつかない人の方が多い】

キャリアプランとは

キャリアプランとは一般的に自分の将来像を実現するための計画と言われています。

仕事の経歴はもちろんですが、仕事以外の人生経験も含めて、自分の将来像に近づける意味として捉えることもあります。

キャリアプランを立てる目的は今何をすべきかを決められない人が、先を見据えて今やるべき方向性を決めることです。

キャリアプランを考える時のイメージ

「将来こう生きていきたいから、今のうちにこのスキルやこの経験を手に入れておこう、その中でも今手を付けやすいこれをやろう!」

キャリアプランが思いつかないことってどうなんだろう?

Take

キャリアプランが思いつかないことは恥ずかしいことではありません。私も20代の時は全く思いつかなかったです。

実は、キャリアプランを立てた通りに物事が進むかと言えば、大抵の人はキャリアプラン通りに進むことはありません。

労働環境の変化が激しい昨今では、キャリアプランの変更や修正をすることの方が多いと言えます。

キャリアプラン立てても意味ないじゃん。

キャリアプランは計画通りに進めることが重要ではなく、今やるべき方向性を決めることが重要なのです。

キャリアプランが思いつかないことのデメリットは7つ

キャリアプラン_思いつかない_デメリット

キャリアプランが思いつかないことのデメリットは次の7つです。

  1. 仕事のモチベーションが上がらない
  2. 目の前のことばかりに目が向く
  3. 挫折しやすくなる
  4. 成長の機会を失う
  5. 変化することが億劫になる
  6. 不安や悩みがつきまとう
  7. 目先の求人条件で仕事を選んでしまう

順番に解説してまいります。

①仕事のモチベーションが上がらない

将来の目的が見えない仕事はなかなかモチベーションが上がりません。

お金を稼ぐことだけでモチベーションが続く人はいますが、維持することが難しい人もいます。

お金を稼ぐこと以外に、自分の将来に繋がる目的が複数あれば、高いモチベーションに繋がります。

キャリアプランを通じて仕事する目的を複数持つことができますので、仕事へのモチベーションが上がります。

②目の前のことばかりに目が向く

将来の目的がないと、目の前の簡単にできそうなことや達成しやすい目標ばかり追いかけてしまいます。

自分に負荷をかけずに未来を歩んでしまうと、大きな変化に対応できなくなったり、思い切った挑戦ができない状態となってしまいます。

将来の目的が明確にあればキャリアを逆算して考えることができるようになります。

今の自分にはハードルが高いことでも、将来の自分にとって重要なことだと認識できれば挑戦する意欲も湧いてきます。

③挫折しやすくなる

人は痛みを避けたくなる生きものです。

人生で嫌なことや困難なことにぶつかった時に乗り越える理由がなければ回避します。

しかし、嫌なことや困難なことを乗り越えた先の明るい未来が見えていれば頑張ってみようと思えます。

キャリアプランで立てた自分の目的があるからこそ、挫折しそうな時の自分の心の支えとなるのです。

④成長の機会を失う

上記で解説した『挫折しやすくなる』に関連して、逃げ癖がつくと成長する機会を失い続けてしまいます

人は嫌なことや困難なことを乗り越えた時に大きく成長します。

乗り越えるために努力して頑張るから成長しますし、乗り越えることができたから自信がつくのです。

この時の成長と自信が次の挑戦の糧となります。

嫌なことや困難なことをから逃げ出すことは大きく成長する機会を失うことになります。

一度、逃げ癖がつくと成長する機会を失い続けてしまいます。

この差は年齢を重ねた時に大きく感じることでしょう。

⑤変化することが億劫になる

人は目的がなければ、なかなか行動に移すことができません。

将来の目指す方向性が見えなければ、将来に向けた行動も重くなってしまいます。

キャリアプランを立てることで将来の方向性と目的が生まれます。

将来の目的に近づくために、自ら負荷をかけて変化しようとしたり、挑戦しようとするのです。

⑥不安や悩みがつきまとう

不安や悩みがつきまとう原因は明るい未来を想像できないことにあります。

現代の世の中は不安定なので、キャリアプランがないと将来の不安について悩み続けることになります。

将来の不安や悩みを解決する方法を探して、自分のキャリアプランに解決方法を落とし込めば、そこに向かって突き進むことができます。

⑦目先の求人条件で仕事を選んでしまう

会社に不満を感じて転職を検討する人は、より良い条件を求めて転職先を探します。

求人条件の理想ばかりを追いかけてしまうと、将来のキャリアに繋がらない転職となってしまうことがあります。

例えば、魅力的な年収に惹かれて転職したとしても、数年経って、やりたいことではないと感じてしまったりします。

このように目先の求人条件で仕事を選んでしまうと、年齢を重ねた時にキャリア変更の決断が重くなってくるので、方向転換しずらくなってしまいます。

キャリアプランが思いつかない8つの原因と対策

キャリアプラン_思いつかない_原因

キャリアプランが思いつかない主な原因は次の8つです。

  1. 将来の目的がないから
  2. 逆算思考がないから
  3. 自分にとっての正解を考えようとするから
  4. 選択肢が少ないから
  5. 考えるとネガティブになってしまうから
  6. 自己分析できていないから
  7. 定期的に考える機会がないから
  8. 一人で考えるから

それぞれの原因を解説しながら、対策についても紹介してまいります。

①将来の目的がないから

将来の目的がない状態で考えていても、これといったキャリアプランを思いつくことはできません。

将来の目的というゴールがあってこそ、道筋が見てくるものです。

目指すべきゴールがなければ、道筋は見えてきません。

スイカ割に例えると分かりすいかもしれません。

スイカ割でまっ直ぐに進むことができないのは、目隠しをしていてスイカ(目的)が見えないからです。

目隠しを外ぜば、誰でもスイカ(目的)までたどり着けます。

将来の目的があれば、自分の進むべき道が見えます。

進むべき道を作ることがキャリアプランなのです。

②逆算思考がないから

キャリアプランは将来の目的を達成するために立てることができます。

つまり、ゴールから逆算して考えなければなりません。

物事を逆算して考えることができなければ、目的を達成するためのキャリアプランを立てることはできません。

キャリアプランを立てるには逆算思考が必要なのです。

③自分にとっての正解を考えようとするから

自分にとって正解のキャリアプランを考えようとすればするほど迷走してしまいます。

これから初めての道を進むなかで、どのようなキャリアが自分にとって正しいのか分かるはずがありません。

冒頭にも書いた通り、キャリアプラン通りに進む方はほとんどいません。

必要以上に細かく完璧に考えようとする必要はないので、現時点で考えつくキャリアプランで構わないのです。

④選択肢が少ないから

自分の知っている頭の中だけで考えると行き詰まってしまうことがあります。

新聞や書籍、社外の交流を通じて、知見を広げる機会が少ないことが原因です。

日々、新しい情報を収集することを習慣にしていけば、自分のキャリア形成に役立つ選択肢が増えていきます。

⑤考えるとネガティブになってしまうから

ネガティブ志向が強い方の場合、考えれば考えるほど「自分には無理だ」と卑屈になってしまうケースがあります。

そうなると、キャリアプランを考えることは自分にとって良くないと判断してしまいます。

物事には悪い面と良い面、両方の側面を持ち合わせています。

ネガティブ思考になっている時は、悪い面にしか目が向けられていない状態です。

良い側面にも目を向けてバランスよく考えることが重要です。

私の場合は、失敗した時に失うリスクと得られる価値をそれぞれ洗い出します。

失敗して失うことや失うもの(リスク)時間
失敗しても残ること(得られる価値)経験値、スキル

失敗して得られる価値が失うリスクを上回ると判断した場合はトライします。

⑥自己分析できていないから

自己分析ができていないとキャリアプランを立てることが難しくなってしまいます。

自分の強みや弱みできることできないこと好きなこと嫌いなことが整理できていれば、その時に最適なキャリアプランが作りやすくなります。

自己分析はキャリアプランの軸となりますので、必ずキャリアプランを立てる前に自己分析をしておきましょう。

関連記事:自己分析できない人の特徴│自己分析をキャリアに結び付ける方法を公開

⑦定期的に考える機会がないから

将来のキャリアについて考える機会がなければキャリアプランを立てることはできません。

企業によっては定期的にキャリア面談を設けているところもあります。

年齢と経験を重ねると、以前立てたキャリアプランが最適ではないことはよくあります。

最初に立てたキャリアプラン通りに進むケースは少ないので、定期的に見返したり修正する機会を設けましょう。

⑧一人で考えるから

自己分析ができる人は一人でキャリアプランを考えることができるかもしれません。

しかし、どうしても一人では考えに行き詰ってしまうこともあります。

そんな時には第三者から意見をもらうことがおすすめです。

これまでの自分では気がつかないことが第三者による客観的な意見によって分かったりします。

会社であれば上司との面談で客観的な意見もらったりすることができます。

社外であればキャリアコーチングサービスを使って相談したり客観的な意見をもらうことができます。

関連記事:【キャリアコーチング】おすすめ相談サービス│徹底比較

理想のキャリアプランの立て方【設計は5ステップ】

キャリアプラン_立て方

自分にとって理想のキャリアプランを立てるためにやるべきことを明確化に洗い出します。

  • STEP①:理想の将来像を書き出す
  • STEP②:「なりたい自分」に必要なスキルを書き出す
  • STEP③:現状の自分が持っているスキルを書き出す
  • STEP④:現状の自分に足りないスキルを書き出す
  • STEP⑤:自分に足りないスキルを獲得できる環境を書き出す

上記の5つのステップに従って書き出していくと、あなたの理想のキャリアプランを立てることができます。

Take

考えるだけでなく、書き出すことがポイントです。

フワッと頭に思い浮かんでいることを言語化して書き出すとより明確になります。

あなたの考えを言語化して明確にさせることがとても重要なのです。

STEP①:理想の将来像を書き出す

まずはあなたの理想の将来像を書き出します。

将来どのようなことをやりたいのか?
どのような生活を送りたいのか?
どんな自分になりたいのか?

Take

「なりたい自分」をできる限り具体的に書き出していきましょう。

ここでは、今の自分に実現できるかどうかで判断しないでください。
「できる」、「できない」にとらわれず、実現したいことをなるべく多く書き出します。
自分の心の中に閉じ込めていた欲を吐き出してください。

STEP②:「なりたい自分」に必要なスキルを書き出す

STEP①で書き出した「なりたい自分」に必要なスキルや経験を書き出します。

Take

私が38歳に立てたキャリアプランを例にして紹介します。

私の場合、『「時間」・「場所」・「組織」に縛られずストレスのない自由な働き方を実現する』ことが「なりたい自分」でした。

そのためには、以下のスキルと経験が必要でした。

「なりたい自分」に必要なスキル(Takeの場合)

・Webマーケティングの専門知識と実務経験
・求人採用の経験
・KGIやKPIの設定
・事業所得の構築

「なりたい自分」に必要なスキルや経験が分からない方は、こちら記事を参考にしてみてください。

関連記事:スキルを身につける│市場で求められるスキルと習得方法を解説

STEP③:現状の自分が持っているスキルを書き出す

現状の自分のスキルを整理します。

Take

これまでの経験からどんなスキルや経験があるか書き出していきましょう。

スキルや経験は次の3つに分けて書き出すことで整理しやすくなります。

テクニカルスキル特定の仕事における専門スキルや実務経験
ポータブルスキル仕事全般におけるスキル
マインドセット仕事する際の心構えやスタンス、考え方

テクニカルスキルだけでなく、ポータブルスキルやマインドセットも重要なので、一緒に書き出していきます。

Take

私の場合、キャリアプランを真剣に考えた時が36歳でしたので、それまでに培ってきた経験を書き出しました。

Takeの場合

テクニカルスキル営業経験、テレアポスキル、マネジメント経験、マルチタスクスキル
ポータブルスキルコミュニケーション能力、論理的思考力、KGIやKPIの設定
マインドセット目標設定の考え方、仕事観、使命感、人生観

自分の持っているスキルが分からない方は、こちらの記事を参考にして自己分析から始めてみてください。

関連記事:自己分析できない人の特徴│自己分析をキャリアに結び付ける方法を公開

自己分析をすることで自分では気が付いていないスキルを洗い出すことができます。

STEP④:現状の自分に足りないスキルを書き出す

STEP①で書き出した「なりたい自分」を目指すために、現状の自分に足りないスキルや経験を書き出します。

Take

私の場合だと以下のスキルと経験がありませんでした。

当時のTakeに足りないスキルと経験

・Webマーケティングの専門知識と実務経験
・求人採用の経験
・事業所得の構築

ここでは「なりたい自分」に必要なスキルや経験を明確にさせます。

STEP⑤:自分に足りないスキルを獲得できる環境を書き出す

STEP④で書き出した「自分に足りない経験やスキル」を獲得するための環境を書き出します。

書き出した環境があなたの理想を実現するために必要な環境となります。

その環境を手に入れるための手段が以下の選択肢であり、あなたのキャリアプランとなるのです。

  • 現職に留まる
  • 部署異動をする
  • 就学する
  • 副業する
  • 転職する
  • フリーランスになる
  • 起業する

私の場合、それまで足りなかったスキルや経験を獲得するために、以下の挑戦をしました。

当時のTakeに「足りない経験やスキル」を獲得するための環境

・Webマーケティングの専門知識と実務経験 ⇒ ブログに挑戦する

・求人採用の経験 ⇒ 営業で獲得した案件を一緒に取りめるパートナーを採用する

・事業所得の構築 ⇒ アフィリエイトに挑戦する、クライアントワークを通じてテレアポ代行に挑戦する

将来の理想像から逆算して考えていくことでキャリプランを立てることができます。

キャリアプラン実現に向けた7つの選択肢

キャリアプラン_選択肢

キャリアプランを立てたら、キャリアを実現できる環境を整えます。

キャリアプランをもう少し分かりやすく因数分解すると以下の方程式になります。

キャリアプラン=自己分析の結果+市場分析の結果

自分(自己分析の結果)を知り、世の中(市場分析の結果)を知ったうえで、キャリアを実現していきます。

キャリアの中間目標として、20代のうちにマネージャー経験を積みたいと考えた時に年功序列の大企業より、実績主義のベンチャー企業の方が実現しやすい環境と言えます。

早期に活躍して出世したいと考えた時には、自分の経験や得意なことが活かせる業種を選択すると考えるでしょう。

キャリアを実現させるためには、最適な環境を選択することなのです。

  • 現職に留まる
  • 部署異動をする
  • 就学する
  • 副業する
  • 起業する
  • 転職する
  • フリーランスになる

環境の選択はハードルの低い順番で検討することがポイントです。

ハードルの低い順番

現職 ⇒ 部署異動 ⇒ 就学 ⇒ 副業 ⇒ 転職 ⇒ フリーランス

ハードルが低い選択は、リスクが伴うことがないので、ストレスやプレッシャーを最小限に抑えて選択することができます。

Take

私が38歳に考えた理想像が『「時間」・「場所」・「組織」に縛られずストレスのない自由な働き方を実現する』ことでした。

一歩目に選択した環境はこちらです。

当時のTakeの選択した環境

比較的な融通の利くアルバイトで最低限生活できる給与所得を得る
 ⇒アルバイトはインサイドセール関連またはWebマーケティング関連の仕事を選ぶ

副業で事業所得を作る
 ⇒ブログでWebマーケティングを学びながら収益化を目指す
 ⇒クラウドソーシングで案件獲得しながら継続的に稼ぐ

キャリアを実現させるための選択肢を順番に解説してまいります。

現職に留まる

現職に留まることは最もリスクのない選択肢となります。

あなたの将来の理想像に必要な経験やスキルが現職で取得できるのであれば、無理して働き方を変える必要はありません。

現職に留まるのであれば、その経験とスキルをいつまでに取得するのか期限を決めて取り組んでいきましょう。

部署異動をする

あなたの将来の理想像に必要な経験やスキルが現職で取得できなければ、他部署で取得できるかどうか確認してみましょう。

もし、あなたに必要な経験やスキルが他部署で取得できるのであれば、部署異動も考えてみましょう。

就学する

あなたに必要な経験やスキルが現職や他部署でも取得できない、または部署異動が難しい場合は、就学する方法があります。

現代ではあらゆる方法で学ぶことができます。

スキルを習得する方法
  • 書籍
  • オーディオブック
  • 音声メディア
  • 動画メディア
  • 動画講座
  • オンラインスクール
  • セミナー
  • オンラインサロン

学べるスキルも充実していますので、あなたが学びたいスキルを学びやすい方法で選ぶことができます。

社外でスキル取得ができれば、本業でも部署異動や新しい仕事を任せてもらえるチャンスが巡ってくるかもしれません。

副業する

就学する方法と併せて副業も検討してみましょう。

あなたに必要な経験やスキルは副業でも取得することができます。

副業は実務となりますので、就学では経験できない実践的な経験を積むことができます。

但し、オンラインスクールのように丁寧に教えてくれる人が周りにいるとは限らないので、成果が出るまで時間がかかってしまいます。

副業といっても、副業社員やクライアントからの請負業務個人事業など、働き方も多様なので自分のキャリアに合った副業を選んでいきましょう。

起業する

起業も現職を続けながら挑戦することができます。

但し、現職と並行しながらの起業は時間がかかってしまいます。

充分な貯金があったり、既に副業ベースで成果を出している場合、思い切って会社を辞めて事業に専念する人もいます。

転職する

今の会社であなたに必要な経験やスキルの取得ができなくて、更に就学や副業の時間の確保も難しければ、転職も検討してみましょう。

上記のケースでキャリアの実現を優先した場合、現職に留まることは時間の無駄になってしまいます。

Take

明確なキャリアプランを立てたことで、ハードルが高い転職に対しても思い切った決断ができます。

フリーランスになる

会社勤めで将来の理想像に近づくことができないのであれば、フリーランスも検討してみましょう。

但し、フリーランスは会社員に比べて収入が不安定です。

会社員時代で活躍できていた人が、フリーランスでも活躍できるかどうかは別物です。

Take

会社員時代に稼いでいても、フリーランス初月の収入が0円というケースも珍しくありません。

フリーランスに挑戦するのであれば、会社員時代に半年~1年分の生活費を貯金しておくか、副業で稼げるようになってからが良いでしょう。

【まとめ】キャリアプランは立てることが重要

キャリアプラン_重要

今回はキャリアプランが思いつかない人の原因と対策を解説してまいりました。

Take

キャリアプランが思いつかない人の方が多いので、気にすることはありません。

また、キャリアプランを立てた通りに進むことも少ないです。

新しい出会いや世の中の変化を迎える節目でコロコロ変わっていくものです。

しかし、キャリアプランがない状態だと人生の路頭に迷ってしまいます。

今やるべき方向性を決めるためにキャリアプランを立てることは重要なのです。

キャリアプランを立てて未来の大きな方向性と今やるべき具体的な方向性を導き出します。

ぜひ、今回ご紹介した内容を参考にしてあなたの理想のキャリアプランを立ててみてください。

どうしてもキャリアプランを立てることができない方は、キャリアの相談窓口『キャリアコーチングサービス』の利用がおすすめです。

一人でキャリアプランを考えることができない方
自分の立てたキャリアプランに不安がある方

第三者からの客観的に視点であなたのことを考えてくれますので、これまで気が付かなかった自分を発見することができます。

関連記事:【キャリアコーチング】おすすめ相談サービス│徹底比較

ビジネスパートナー募集

クライアントワークで発生したお仕事を定期的にLINEで紹介しています。

Webライティングやインスタグラム運用、テレアポなどの仕事があります。案件を探している方はチェックしてみてください。

ワークシェアシップ

\ Follow Me! /

Take_LINE公式
Take_Twitter
転職ノート

Sponsored Links

キャリアプラン思いつかない

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次