異業種への転職を成功させるために準備する4つのポイント

異業種へ転職と考えると、同業種への転職と違い、イメージできないことが多いので、とても不安になるものです。

 

異業種への転職って難しい気がするけど誰でもできるの?

異業種へ転職するにはどんな準備をしたらいいのかな?

 

私も旅行業界から生命保険業界へ転職しましたが、生命保険の知識なんて皆無でしたので、転職前はとても不安でした。

 

しかし、異業種先の新たなスキルと経験を身に付けることで、同業種の転職では得られない人材価値に高めていくことができます。

自らの人材価値を高めることで、給料や待遇面が良くなりますし、更なる転職にも有利になりますので、人生の選択肢を増やすことにも繋がります。

 

今回は、異業種への転職を成功させるために準備する4つのポイントについて解説してまいります。

 

●本記事の内容

異業種へ転職する価値について

異業種への転職の実情

異業種へ転職をするために準備する4つのポイント

異業種へ転職した後にすべきこと

 

異業種へ転職する価値とは

 

多くの人が企業で働き続けることがへの危機意識を持ち始めています。

 

そんな中、一つの企業に依存しない働き方を身に付けていく必要があります。

 

そこで取るべく戦略が、その会社でしか得られないスキルや経験を積み、転職という横展開でスキルの幅を広げていくのです。

横展開(転職)するときは、前職の経験とスキルを活かすことがポイントです。

 

スキルとスキル、または経験とスキルを掛け合わせることで、新たな価値を生み出します。

特に異業種への転職はより効果を実感することができます。

 

詳しくはこちらで解説していますのであわせてご覧ください。

>>転職の繰り返しはどうなのか?【転職を繰り返す人がとるべき戦略】

 

自分の市場価値を高めることで、突然のリストラや倒産があった時に転職を有利に進めることができるわけです。

また、危機的な状況の備えだでなく、自分の人材を価値を高めることで、給料面や待遇面でもアップすることが見込めるようになります。

 

異業種への転職は成功するのか?【異業種への転職の実情】

異業種への転職する価値は理解したけど、はたして転職は成功するの?

 

異業種への転職は現実的に可能なのか実情が気になるところです。

 

ミドルの転職の調査では、ミドルの異業種転職の成功率は約6割となっています。

 

企業は異業種からの応募者を求めている背景もあり、転職することができれば貴重な人材として活躍する可能性は大いにあります。

 

異業種からの転職がもっとも多い業種は「メーカー」。

 

その理由が、

「異なる業種でも業務内容の変わらない職種・ポジションでの採用が多いため」

「新規事業に伴い、他業種の技術やスキルを獲得・活用するため」

「イノベーションを生み出せる人材を必要としているため」

 

メーカー各社が業績好調であることを背景に、採用ポジションが様々あることと、新規事業に積極的という状況が結果に反映されています。

 

やはり、狙うべき業界は市場が右肩上がりで伸びている業界です。

>>今後伸びる市場(マーケット)を見つける2つの方法

 

また、異業種からの転職が多い職種トップ3は

1位:営業・マーケティング (58%)

2位:経営・経営企画・事業企画系(52%)

3位:事務・管理系(44%)

 

営業や経営企画、管理系職種といった業種が変わっても転用できる職種の採用が多いことがうかがえます。

異業種への転職は同業種に比べ経験値のない分野だけに不安が大きくなるものですが、こうした転用できる職種を切り口にすることが異業種への転職を成功させるポイントです。

 

異業種へ転職をするために準備する4つのポイント

転職先となる異業種を見つけたら、その業界へ転職するために準備するポイントは4つです。

 

異業種へ転職をするために準備する4つのポイント

前職で身に付けたスキルを活かすことを考える

異業種の転職先の業界情報を収集する

副業で実績を積む

異業種への転職目的を明確にする

 

順番に解説してまいります。

 

前職で身に付けたスキルを活かす方法を考える

異業種への転職で強みとなるのは前職の経験とスキルです。

 

転職先にはない前職のスキルや経験を転職先の会社でどのように活かせるか考えると良いアピールに繋がるからです。

 

例えば、同じ営業職として転職するのならば、異業種でも通じるかどうか適性を見てくれます

前職の営業経験と実績があればアピ―ル材料になります。

 

営業で扱う商材が変わるとはいえ、営業の本質は一緒です。

採用面談で自分の経験とスキルをアピールできれば、採用側の人事担当に新たな戦力として考えてもらえます。

 

 

転職先の業界情報を収集する

異業種への転職が不安になる原因は圧倒的な情報不足によるものです。

不安というのは、未知の知らないことに対しての恐怖からくるものです。

 

異業種先の業界情報を収集しておけば不安を払拭することができます。

 

異業種への転職に役立つおすすめの情報収集は以下3つの方法があります。

 

異業種への転職に役立つおすすめの情報収集

・書籍や雑誌

・日経新聞

・転職サイト

 

●書籍や雑誌を読んで転職先の業界情報を収集する

書籍や雑誌などで未知の業界について学ぶことができます。

転職の面接の際、読んだ本から何を学び、それをどう活かすか話せるようにしておくことで、準備してきたことをアピールできます。

 

 

●日経新聞を読んで転職先の業界情報を収集する

新聞を読むなら日経新聞がおすすめです。

経済情報について他の新聞よりも圧倒的に情報量が多いからです。

 

これから伸びる産業、逆に淘汰していく産業などヒントが見えてくるので、新たな転職先を決めるのに役立ちます

 

慣れないうちは難しく感じるかもしれません。

私も最初は見るのも嫌でしたが、以下の読み方で苦手意識がなくなり違和感なく読めるようになりました。

 

日経新聞が苦手な方が違和感なく読めるようになる方法

①最初は大きな見出だけチェックして、自分の興味ある見出し、または少しでも分かる分野だけ探す。

②見つけたら、その記事だけ読む。

③知らない単語が何度も出てきたらググって調べる。

④徐々に記事の内容を理解してきたら、分野を広げて読んでみる。

 

紙媒体の他に電子媒体としてスマホやタブレットで見ることもできますので、毎日届く新聞の置き場に困るという方はこちらをどうぞ。

>>日経電子版アプリ

 

 

●転職サイトに登録して業界情報を収集する

転職サイトへの登録も転職への情報収集の手段として有効です。

 

転職サイトに登録するとメルマガなどで業界の求人情報を入手することができます。

 

何から始めればいいのか分からない方にとって、とりあえず転職サイトに登録だけして求人をチェックすることを日課にするのがおすすめです。

毎日、求人を眺めていれば、なんとなく自分のやりたいことや、今まで目に入ってなかった職種が見つかるので、転職の具体的なイメージがグッと掴みやすくなります。

 

私も転職先で悩んでいた時には、この方法で挑戦したい新たな業種を見つけました。

 

異業種の転職先を探すには総合型転職サイトで広く見ていきましょう。

>>【大手総合型転職サイト】利用者数ランキングと各サイトの特徴を解説

 

 

副業で実績を積む

政府が副業解禁を容認してから、副業OKの企業も増えてきています。

 

副業の実績は個人の能力と行動力の成果なので大きなアピ―ルになります。

 

例えば、マーケティング会社を狙っているのであれば、自ら本などでマーケティングを学びながらブログ運営をして集客の実績を積むことができれば有効なアピールになります。

 

但し、転職先の企業がまだ副業に積極的でない場合もあります。

その場合は、転職後は副業活動をストップして仕事を覚えることに専念するなど伝えておいたほうがいいでしょう。

 

 

異業種への転職目的を明確にする

転職全般に言えることですが、「何故その会社なのか」という理由もしっかりと言えるようにしておきましょう。

 

この業界を選んだ理由

・入社後に実現したいこと

 

企業によって求める人材は異なります。

企業目線で考えると、企業は成長していくうえで必要な人材を探しています。

 

企業がどんな人材を求め、どういう方向性を示しているのか、企業の公式サイトを確認すれば分かりますので、必ずチェックしておきましょう。

 

特に下記の項目は要チェックです。

企業の公式サイトでチェックする項目

・企業理念

・事業内容

・社長のメッセージ

 

企業の方向性を理解しつつ、自分の将来性とポテンシャルに期待を持たれるようなアピールが必要です。

 

異業種への転職を成功させるために転職活動を始める

 

どの業界も人手不足の影響で異業種への転職のハードルは低くなっていますので、今は異業種へ転職するチャンスは広がっています。

 

まずは前述であげた情報収集を進め、転職したい業種を見つけたら、転職活動を始めましょう。

 

先ほどご紹介した転職サイトに登録して自ら応募する方法もありますが、転職サイトの場合、公開している求人が限られています。

情報収集だけであれば転職サイトでも充分ですが、本腰を入れて転職活動をするのでれば、未公開求人のある転職エージェントを利用するべきです。

 

転職エージェントは転職サイトには無い未公開求人があることと、担当アドバイザーから直接情報を得られることが特徴です。

今回の4つのポイントを自分なりに考え、第3者となる転職アドバイザーに聞いてもらうことで、より確信を得られるようになるはずです。

 

転職初心者におすすめの転職エージェントと効果的な活用方法について詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

>>転職初心者におすすめの転職エージェントと効果的な活用方法

 

異業種へ転職した後にすべきこと

 

異業種へ転職した後が大事です。

ここで新しいスキルと経験を身に付け、自分の市場価値を高めていきます。

 

例えば、営業の経験で転職したならば、その会社の核となるスキルを身に付けます。

Webマーケティングの会社であれば、Webマーケティングのスキルを徹底的に身に付けるのです。

 

そうすることで、営業とWebマーケティングのスキルを身に付けた人材となります。

自らWeb集客による戦略を立てながら、集客後に自ら営業することができるのです。

 

世の中、営業のできる人材、Webマーケティングのスキルを持った人材は多いですが、両方のスキルを持ち合あわせた人材となると極端に少なくなります。

 

こうしてスキルをの横展開をしながら、人材価値を高めていくのです。

 

異業種への転職というのは、自らの人材価値を高める有効な手段となるわけです。

 

人気記事 市場価値(マーケットバリュー)を高めて安定した仕事と働き方を手にする 

人気記事市場の中でこれから伸びる会社を見極める方法

 

関連記事

スポンサーリンク