退職後に20ヶ月以上手当を受け取る方法【社会保険給付金サポート】

会社を退職してからお金の心配で退職後の不安を抱える人も多いと思います。

 

転職先など次の職場が決まってから退職するのが理想ですが、そうもいかずに退職せざる得ないこともあります。

突然の倒産・解雇

休業により収入の見込みが立たなくなった

人間関係のトラブル

ストレスによる体の異変

 

突然の退職により、真っ先に不安になるのがお金の心配

翌月からの収入の見込みがないままだと精神的な不安は大きいものです。

 

こうした状況でお金を受け取ることができるのが「失業保険」「傷病手当金」です。

 

退職予定の女性
「失業保険」はハローワークで手続できるの知っているけど、「傷病手当金」はよく知らないわ。

 

会社を退職してから受け取ることができる手当として「失業保険」は広く知られていますが、「傷病手当金」については、世の中に浸透されているとは言えません。

国の制度を最大限利用できている方はほとんどいないのが実情かと思います。

 

今回は、国の制度を最大限利用して「失業保険」と「傷病手当金」を受け取るための「社会保険給付金サポート」について解説してまいります。

 

こちらの記事をご覧いただければ、会社を退職してから20ヶ月以上手当を受け取ることができる仕組みを理解することができます。

また、実際に受け取るまでの申請の流れについてもイメージできるはずです。

 

会社の退職が決まっている方やこれから退職を考えている方は、損をしないためにも、ぜひご覧ください。

 

なぜ退職後に20ヶ月以上手当を受け取ることができるの?

社会保険給付金

 

退職後に「失業保険」と「傷病手当金」を20ヶ月以上(最大で28ヶ月)受け取ることができます。

 

こうした手当は、今までに月々支払ってきた、社会保険料が原資となり手当金がもらえる仕組みです。

 

「傷病手当金」は健康保険組合で手続するのですが、退職後の申請が難しく、社労士による申請でないとほぼ受給が不可能でした。

 

「失業保険」は傷病手当の受給が終わってから受給することができます。

通常3ヶ月までしか受け取ることができませんが、追加書類を提出するだけで通常より3ヶ月早く受給ができたり、通常より9ヶ月間多く受給できる場合があります。

 

受給期間は年齢や退職理由、持病によって受給できる期間が異なります。

 

企業にも助成金という公的な給付があるように労働者にもこうした給付金があるのです。

 

退職後に20ヶ月以上手当を受け取る方法

退職コンシェルジュTOPページ

 

ここれまで「失業保険」と「傷病手当金」を最大限受け取るための手続きは非常に複雑でした。

 

退職後に20ヶ月以上手当を受け取る問題点

条件や申請方法が複雑なため社労士による申請でないとほぼ受給不可能

退職前に満たす条件と退職後に満たす条件が多い

毎月の申請のため1回でも申請を間違えれば給付金が止まってしまう

申請される分だけ行政が損をする仕組みのため、行政からの案内はない
(むしろ条件を満たしていないと断られたり、調査されることも多い)

会社の担当者が間違えた知識を持っているために申請を断られる
(約70%ほどが断われている)

受給までのステップが多いため個人で申請ができても6ヶ月以上かかることもある
(結果として審査が通らないこともある)

引っ越し時に給付金が止まることがある

 

申請から受給までのハードルが高いことで申請する人も少ないのです。

 

こうした面倒な手続きをサポートしてくれるのが退職コンシェルジュの「社会保険給付金サポート」です。

 

社会保険給付金サポートを利用することで、申請から受給までスムーズに手続きできます。

 

専任コンシェルジュが社会保険給付金の申請から受給まで丁寧にサポートしてくれますので、手続きがよく分からない方でも受給することができます。

2020年4月時点では、利用者は市場全体で月3,000件ほどに達しています。

コロナの影響で益々需要が高まってくることが予想されます。

 

社会保険給付金サポートを利用するメリットとデメリット

社会保険給付金サポートの利用にもメリットデメリットがあります。

 

6つのメリット

メリット

従来複雑で難しかった申請を専任コンシェルジュに任せられる

最大受給期間が28ヵ月

現在の状況や退職後の予定を丁寧にヒアリングして退職後の活動をサポートしてくれる

金額的に損が発生するリスクがない

受給額増額で一人あたりおよそ数十万円~数百万円

申請条件や申請ステップをわかりやすく伝えてくれるサポート付き

 

2つのデメリット

デメリット

年齢制限がある

受給条件がある

※年齢制限と受給条件はこの後に解説します。

 

但し、申請してみないと分からない部分もありますので、給付金を受け取りたい方は、ここで諦めずに退職コンシェルジュに確認してみましょう。

\相談無料/

 

退職後に20ヶ月以上手当を受け取る条件

誰でも退職後に20ヶ月以上手当を受け取れるわけではありません。

手当を受け取るにはいくつかの条件があります。

 

退職後に20ヶ月以上手当を受け取る条件

年齢は20歳~54歳までが対象

退職日が本日から『14日以上90日未満』

現時点で転職先が決まっていない

社会保険に1年以上加入している(保険証参照)

使用可能な有給日数が4日以上ある

 

私もこのことを知ったのが前職を退職3ヶ月を経過してからだったので、20ヶ月以上手当を受け取ることができませんでした。

本当にもったいないです・・・。

 

私のように社会保険金給付金サポートを知らないことで、国の制度を最大限利用できていない方は多いと思います。

 

相談のみでもお金はかかりませんので、受け取る条件に該当しているかどうか分からない方は確認してみてください。

社会保険給付金サポートへ相談してみる

 

退職後に「失業保険」と「傷病手当金」はいくら受け取れるの?

退職予定の女性
ところで社会保険給付金の手当はいくら受け取れるの?

 

実際に受け取れる具体的な金額が気になるところですが、定額ではないのでいくら受け取れるのかは一概に言えません。

退職までの状況は人によって異なるため、受け取る条件も人それぞれだからです。

 

ただ1つ言えるのは、申請をしないと受給できないことです。

知らないまま申請しないことで、数十万~数百万円を受け取らずに損してしまうことは確かです。

 

社会保険給付金サポート利用の実例

「失業保険」と「傷病手当金」の金額が具体的に分からないとなるとイメージしにくいかと思います。

 

こちらの受け取り条件の実例を見てみましょう。

 

まずは、退職日が本日から『14日以上90日未満』の条件を満たしているかどうか確認する必要があります。

 

受け取りNGの例①

申請日:1/15

退職日:1/28

1/28退職予定の方は15日きってるためNG

 

受け取りNGの例②

申請日:1/15

退職日:4/30

4/30退職予定の方は90日を超えているためNG

 

受け取りOKの例

申請日:1/15

退職日:1/29

1/29~4/15退職予定の方は退職日が本日から『14日以上90日未満』の条件を満たしているのでOK

 

次にサポートの実例を見てみましょう。

社会保険給付金サポート利用の実例

 

こちらの実例を見ると、自分で手続して受給する失業保険と比べると477万円の差が生じています。

受給できる金額がこれだけ違うと申請しないのはもったいないですよね。

 

退職予定の女性
受給額が全然違うわね

 

社会保険給付金サポートを利用してから受給までの流れ

社会保険給付金を申請してから受給までの流れ

 

社会保険給付金サポートを利用してから受給までの流れ

STEP①:退職コンシェルジュの公式サイトから問い合わせる(LINEまたはメール)

STEP②:電話で簡単なヒアリング(受給条件を満たしているか確認)

STEP③:申込み

STEP④:必要書類の準備

STEP⑤:所定の機関へ書類提出

STEP⑥:受給(審査完了後に約1~2週間で指定口座に振り込みされます)

 

申請してから受給までは約2か月間かかります。

審査完了後に約1~2週間で健康保険組合から指定口座へ振り込みされます。

 

書類の用意や申請用紙への記入する手続きはありますが、チャットツールなどを使い丁寧にサポートしてくれます。

 

退職予定の女性
金銭的な負担がないのも安心ね。

 

社会保険給付金サポートで手当が受給ができたら次の準備に時間を充てる

社会保険給付金サポートで手当を受給している間、内職と言われる仕事は許可されています。

 

投資や不動産収入、物販等のネットビジネスや在宅ワークなどの働き方ができます。

これらは労働とは見なされず、法の範囲内で認められています。

 

受給中に次の転職先を探したり、スキルを磨いたり、在宅ワークに取り組むなど、時間を有意義に使うことも考えておきましょう。

 

下記の記事では初めて在宅ワークの副業に取り組む方向けに紹介していますので、副業に挑戦してみたい方はどうぞご覧ください。

 

社会保険給付金サポートで受給条件を確認してみよう

 

退職コンシェルジュの「社会保険給付金サポート」では、本来受けられるであろう国の制度を最大限利用した給付金の申請をサポートしています。

 

退職後に受給できる「失業保険」と「傷病手当金」は今までに月々支払ってきた、社会保険料が原資となってもらえる手当です。

通常「失業保険」の3ヶ月しかもらえない手当を社会保険給付金サポートを利用することで最大28ヶ月間にしてもらうことができます。

 

会社の退職が決まっている方やこれから退職を考えている方は、損をしないためにも、有意義に活用していきましょう。

 

その前に、まずはご自身で受給条件を満たしているか退職コンシェルジュに確認してみましょう。

 

\無料相談実施中/

※受付対応 平日 9:00~19:00まで

 

 

関連記事

 

人気記事【在宅ワーク(テレワーク・リモートワーク)】の始め方│初心者向け完全マニュアル

人気記事在宅ワークの正社員求人を探す方法│未経験可能な求人サイト

おすすめ記事【転職の考え方】誰もが「いつでも転職できる」カードを持つことで日本の働き方が変わる

関連記事退職代行とは【メリットとデメリット】|利用手順を解説

関連記事退職代行サービス厳選8社【最新ランキング】どれがいいか比較した結果!

 

Twitterで働き方をテーマにして呟いています

\Follow Me!/