旅行会社は転職する人が多い業界の1つです。

仕事がハードであったり、人間関係収入面、理由は様々です。

転職についても少しは考えたりするけど、それはそれで不安だからと転職活動まで至らない人も多くいます。

 

旅行会社で働く会社員が転職で悩む最大の原因は情報収集不足です。

 

旅行会社で働く会社員が転職をためらう主な理由は旅行業界以外の情報が不足しているからです。

 

●旅行会社で働く会社員が転職をためらう主な理由

・転職先も旅行会社しかないと考えている

・勤めている会社が大手

・旅行が好きだから

・旅行の仕事以外できる気がしない

 

下記の記事でも詳しく紹介してます。

 

不安が大きい人ほど、圧倒的に情報が足りていません。

旅行業界は少し閉鎖的なところがあり、外の世界についての情報が不足しがちだと感じています。

少しづつ情報を得ることで徐々に転職後の自分がイメージできるようになるので不安は解消されるはずです。

 

今回は、旅行会社で働く会社員の情報収集の方法についてご紹介します。

 

参考までに筆者の私は旅行業界に13年在籍していました。

もちろん転職について考えたこともあり、実際に異業種へ転職した経験があります。

 

旅行会社で働く会社員が転職の不安を解消させる情報収集の方法

転職の不安の原因となる情報不足を解消するには情報収集することです。

転職先を見つけるうえで以下の情報を入手することを心がけてみてください。

 

転職先を見つけるうえで収集する主な情報

・自分の知らないことを知る

・自分が興味持てることを見つける

・世界情勢と時代の流れと未来

・異業種や他社の情報収集

 

新しい業界や転職先の企業を探すうえで下記の3つのポイントをおさえて情報収集してみてください。

転職に必要な情報収集するうえでおさえておくポイント

・何が嫌で転職するのか?

・転職先で何をしたいのか?

・自分が転職先で仕事内容や環境面でフィットするのか?

 

私が今も実践している情報収集の方法は主に5つです。

 

転職の不安を解消させる為の情報収集の方法

①社外の人たちと交流して情報収集
 ・取引先やお客様と雑談
 ・交流会に参加
②インターネットから情報収集
③日経新聞から情報収集
④本屋で情報収集
⑤転職サイトに登録

 

社外の人たちと交流して情報収集

社外の人たちと交流し情報を入手することです。

 

業種が違えば、働く目的や、生活感、仕事環境、収入、将来考えていることなど様々です。

別世界の仕事や業界のことを知ることで、新鮮さや新しい価値観に触れることができます。

自分の将来のを考えるうえでも、何かしらの刺激になるはずです。

 

取引先やお客様と雑談のなかで情報収集

旅行会社は他の業種に比べて、外部の人と話す機会も多く、深い話もしやすい環境です。

この環境を利用していきましょう。

 

●店舗のカウンター業務

店舗のカウンター業務であればお客様と対面で接客します。

旅行の目的を聞くのは手配するうえで大事な仕事の一環です。

 

業務渡航であればお仕事の話を聞きやすいシチュエーションになります。

 

観光目的であっても、話の流れからお客様の仕事の話になる展開もあります。

申込書をお預かりする際にはお客様の会社名が分かります。

お客様との距離感が近くなれば、お仕事について聞いてみましょう。

 

●外営業

様々な業界の人と話すことが出来ますし、営業訪問で会社の中に入ることもできます。

営業という名目で他の会社を見学することもできてしまいます。

営業マンであれば、雑談の中で仕事の話を聞き出すことも簡単でしょう。

 

転職先として考えている取引先があれば、強いコネクションを作って、転職しやすい状況にしておくこともできます。

取引先から気に入ってもらえれば、転職のお誘いを受けることもあります。

因みに、私の転職も外営業がきっかけのパターンでした(笑)。

 

●非生産部門(管理業務)

接客業務でなければ、取引先の航空会社やホテル業者、観光局、広告業界、IT業界など、他業種人と打ち合わせする機会があります。

お互い心の距離感を近づける為に雑談する機会はあるはずです。

相手が営業マンであれば必ず雑談をしてきます。

その時に話の流れで聞くのです。

 

交流会に参加して情報収集

異業種交流会名刺交換会など社外の人達が集まる場に参加する方法です。

初めて会う方との名刺交換から始まりお互いに仕事の話をしたりしますので、自分の会社では得られない話や情報を聞くことが出来ます。

 

初めて参加するのなら下記の交流会が参加しやすいかと思います。

 

異業種交流会レパン

全国で開催している異業種交流会で参加すると次回利用できる無料利用券がもらえます。

 

トレンドライン交流会

東京のみですが年間5000円のパスポートを購入すると何度でも参加可能です。

 

以前、就職活動中の学生が情報収集するために参加していましたがとても良い方法だと思います。

 

インターネットから情報収集

現代のインターネットで見つからない情報はないと言っても過言ではありません。

自分が知りたいことや調べたいことは大抵見つかります。

 

デメリットとしては、情報が溢れかえっていたり、誤った情報が掲載されていることもあるので、情報の取捨選択が大事になってきます。

 

一般的には検索エンジンから検索キーワードを入力して調べます。

しかし、自分の知らない情報を拾うことには適していません。

自分の知っているキーワードから検索する方法となるので、そもそもキーワード自体知らないと検索できません。

知らないキーワードは新聞や書籍などのメディアから拾うことが出来ますので、知らないキーワードを耳にしたら、すぐに携帯やスマホなどでググる習慣をつけましょう。

 

新聞から情報収集

インターネットは自分の知っているキーワードから情報を入手する手段としては最適です。

しかし、自分が知らない分野にはなかなか辿り着かないのが弱点でもあります。

新聞は、そういった自分が知らない分野の情報を拾うことができるので知識の幅が広がります。

 

新聞を読むなら日経新聞がおすすめです。

社会情勢や業界のこと詳しく記事にされています。

これから伸びる分野が分かるようになるので、今後需要が伸びてくる職業や職種が見えてきます。

 

日経新聞を読むのが苦手な人は以下の方法を試してみてください。

 

日経新聞が苦手な方が違和感なく読めるようになる方法

①最初は大きな見出だけチェックして、自分の興味ある見出し、または少しでも分かる分野のみ探す。

②見つかったら、その記事だけ読む。

③知らない単語が何度も出てきた場合ググって調べる。

④徐々に記事の内容が理解できたら、分野を広げて読んでみる。

 

まずは少しでも自分の興味ある見出しや少しでも理解できそうな分野の見出しのみ読むのです。

そして、少しずつ分野を広げていくのです。

 

最初から全部読もうとして、分からないことだらけだと読まなくなってしまうので、この方法は有効です。

慣れないうちは難しく感じるかもしれません。

私も最初は見るのも嫌でしたが、前職の先輩から苦手意識がなくなる読み方を教えてくれたおかげで違和感なく読めるようになりました。

 

新聞も紙媒体の他に電子媒体としてスマホやタブレットで見ることもできます。

日系電子版アプリ

 

本屋で情報収集

日経新聞同様、本屋に行くことも自分の知らない情報を拾う方法としては有効です。

本の題名雑誌の見出しから探し、興味のある本を見つけたら手に取って見てみるのです。

誰でも通勤帰りに本屋に立ち寄ることならできますよね。

 

転職サイトから情報収集

転職すると決めていなくても転職サイトや転職エージェントに登録することで様々な業種の情報を入手することができます。

私も転職する予定はないのですが、転職サイトに登録して、業界の情報や時代の流れについて情報収集しています。

 

転職サイトと転職エージェントの違いを簡単に説明すると、転職サイトはサイト上で転職活動が全て完結するサービスです。

 

一方、転職エージェントは担当者が転職をサポートするサービスです。

転職エージェントであれば、たくさんの企業を見ている担当者から話が聞けます。

 

自分の仕事が忙しく時間が取れなくても送られてくるメルマガでスマホから情報は入手できます。

 

情報収集する方法のまとめ

情報を入手するには、情報収集の意識を常に持つようにしておく姿勢が大事です。

情報収集のアンテナを高くしている人は情報を敏感に感じ取ることが出来ますが、情報収集の意識が弱くアンテナが低い人は自分が求めている情報でも気が付かずスルーします。

 

転職先を見つけるうえで収集する主な情報

・自分の知らないことを知る

・自分が興味持てることを見つける

・世界情勢と時代の流れと未来

・異業種や他社の情報収集

 

転職の不安を解消させる為の情報収集の方法

①社外の人たちと交流して情報収集
 ・取引先やお客様と雑談
 ・交流会に参加
②インターネットから情報収集
③日経新聞から情報収集
④本屋で情報収集
⑤転職サイトに登録

 

以上5つの方法でまずは情報収集から始めてみてください。

 

「私、旅行会社勤務だけど経理業務しか経験ないから、よその他人から仕事の話を聞くことができない。」という人も②~⑤のなかからは1つはできるはずです。

 

日々、少しづつでも構わないので、情報収集する行動をしていけば、情報が徐々に蓄積され、転職への不安が解消されるはずです。

 

また、情報収集した結果、やっぱりこの会社が一番だと思うこともあるかもしれません。

しかし、それはそれで、自分の働く方向性がはっきりしたということです。

 

多忙な業界で時間を作ることが難しい業界ですが、どれか1つでも実践できることはあるはずですし、誰でもできることなので是非、実践してみてください。