【テレアポのコツ】テレアポスキルを身につける方法

人に伝える営業スキルはビジネスでは欠かせないスキルであり、テレアポは営業で伝える手段の1つとして活用されています。

 

昨今の人手不足により企業側のリソースが不足していることもあって、テレアポの需要が伸びてきています。

獲得案件によっても報酬が高くなるなど、優れたアポインターは大きく稼いでいます。

 

また、テレアポで使うシステムもクラウドによる遠隔操作が可能なことから、在宅のテレアポ経験者や有能なフリーランスに依頼する企業も増えてきています。

通勤可能な職場だけでなく、全国の企業を対象に幅広く仕事の依頼を受けることができるのです。

 

テレアポの技術力は市場価値の高いスキルであり、且つ、働き方に柔軟性を与えてくれます。

 

また、テレアポを通じてコミュニケーション力が磨かれ、人の心理が理解できるようになります。

 

転職でどんな会社に移ろうと営業に携わる仕事であればテレアポスキルを活用することができます。

個人で独立して事業を立ち上げるにしても、営業は必要になります。

営業職でなくても人と接する社会では、コミュニケーションを円滑にするスキルとして必ず役立つはずです。

 

【テレアポのコツ】テレアポスキルを身につける

こちらでは、テレアポスキルを身につける方法をまとめています。

 

それぞれのコンテンツを理解し、実践に落とし込んでいけば、テレアポのコツが掴めるようになるはずです。

 

テレアポのコツ【事前準備】

コールセンターやテレアポに向いている人はテレアポが嫌いな人?

【メラビアンの法則】テレアポで電話相手の聞く姿勢が変わる話し方

真面目過ぎるな!テレアポや営業では「堂々とヌケヌケ」としたスタンスを意識する

 

テレアポのコツ【オープニング】

テレアポや営業は最初の10秒で決まる?!受付で伝える最初の一言とは?

テレアポや営業で受付突破するコツ 【トークテクニック紹介】

 

テレアポのコツ【ボディー】

第三者の影響力を武器にしたウィンザー効果で営業アポを獲得する方法

テレアポが取れる人が伝えているポイントは2つ

テレアポや営業で断られる時の対処方法(2種類の断り文句を見極める)

テレアポや営業で活用できる切り返しトーク(アウト返し)

 

テレアポのコツ【クロージング】

【二者択一法】相手から断られたくない時に有効な二者択一の質問

スポンサーリンク