私が最初に勤めた会社が旅行会社でした。

旅行が好きという理由で選んだ業界で13年間勤めてきました。

働いていくなかで感じた不安と、あるきっかにより30代後半で転職することになりました。

私が旅行会社から転職した理由と36歳で未経験業界に挑戦して感じたことを紹介したいと思います。

 

旅行会社時代の仕事

私が大学を卒業して就職した会社は大手の旅行会社でした。

今回のテーマは転職ち異業種への挑戦ですので、詳しい経緯と理由はこちらの記事でまとめています。

 

同じ会社に13年間勤めてきましたが主に経験してきた業務はこちらです。

 

・店頭でパッケージツアーや航空券の販売と手配

・出張手配の管理

・旅行の企画

・旅行サイトの運営管理

・広告による集客

・社員旅行の営業と手配

・添乗

 

旅行会社から転職した理由

私が旅行会社から転職した理由は将来への不安です。

仕事を続けていくと先のことも少しずつ見えてくるようになるのですが、徐々に不安を感じ始めるのです。

 

●私が実際に旅行会社で働いていて感じた不安

・お金の不安(給与)

・キャリアアップの道が狭い

・キャリアアップ後のリターンに魅力を感じない

・毎年優秀な後輩が入社してくる

・時代の急速な変化

・20代の頃と比べて体力が落ちている

・明るい未来が想像できない

 

旅行会社を転職から理由1:お金の不安

旅行業界の給与水準は高くなく、20~30代の平均年収で300~400万ほどです(200万円台の会社もあります)。

ほとんどの会社が薄利多売のビジネスモデルで、私が勤めていた会社もそうでした。

 

年々、給与は少しずつ上がってはいましたが、それでも数千円ほどです。

ボーナスも年2回出ますが、景気や世界情勢に左右されますので、ボーナスの金額は安定しません。

 

他業種で働く学生時代の友人に会うと毎月の給与やボーナスの話になるのです金額の差にショックを受けました。

 

仕事は多忙でストレスもたまる仕事だったので、ストレス発散するために趣味の洋服を爆買いしたりしていました。

かなりの浪費癖があったため、毎月カード返済に追われ、財布の中はいつもスッカラカン。

 

30代に突入すると、周囲は結婚出産マイホーム購入などの話題になり、このままの金銭状況では幸せな未来は訪れないなと感じ始めていました。

昇進については先輩方の話から、それほど給与が上がらないことは分かっていました。

 

先々のことを考えれば考えるほど暗い気持ちになるので、多忙な毎日を過ごしながら不安になるようなことは考えないようにしていました。

 

旅行会社から転職した理由2:キャリアアップの道が狭い

旅行会社でのキャリアパスは大きく2つに分かれます。

 

旅行会社でのキャリアパス

・営業部門:会社の売上に直結する営業部門

・管理部門:営業部門を支える管理部門(間接部門とも言われています)

 

私の場合は13年間営業部門にいました。

 

当時、28歳で主任だった私が考える選択肢は3つありました。

①営業所長→エリアリーダー→部長

②海外転勤

③営業部門→管理部門

 

私の勤めていた会社では早い段階で出世していくには①の方法でした。

 

しかし、1つの道を極めるだけではいずれ行き詰まってしまうと考えていた私は②の道を考えていました。

 

②の道を選ぶにも営業部門でどのタイミングで管理部門に異動するべきか難しい判断でした。

旅行会社の業務は多岐にわたりますので、管理部門に異動することで一から学ぶことも多くあります。

 

営業部門と管理部門では業務タスクや追うべき目標もそれぞれあったので、お互いに主張し合ってぶつかることもあります。

 

昇進で上に行くほど、営業部門と管理部門をまとめていくマネージメントが求められるので、それぞれの部門を経験していくことが大事だと考えていました。

 

③についても一度は経験しておかなければと思っていましたが、海外勤務となると語学力は必須でしたので、語学力のなかった僕にはハードルとしては高く、もっと若いうちに行っておけばよかったと感じます。

 

年次を重ねると色んなことを考えだしますが、若いうちは分からないことでもあまり深く考えていなかったで、勢いだけで思い切った決断がしやすいかなと思います。

 

どの会社でも同じですが、上の役職を目指すほど昇進できる可能性が狭まります。

営業所長を目指すにも、1,000人の従業員の会社で営業所が50か所しかなければ、営業所長になれるのは50人だけです。

 

昇進を目指している者同士、競争に勝たなければなりません。

すぐにでも営業所長になってもおかしくない実力があっても、椅子が空いてなければ昇進できないのです。

 

私の場合、毎月優秀な成績を残し続けてきたわけではないのですが、当時の営業所長の異動により、ところてん方式でタイミングよく所長になることができました。

28歳で営業所長への昇進は当時としては比較的早いほうだったと思います。

 

昇進は人事異動や退職などのタイミングにも左右されるのです。

営業所長になってから、その上となるエリアリーダーが見えてくるわけですが、上を目指せば目指すほどライバルもより強敵になりますし、求められる能力と責任のハードルも上がってきます。

 

旅行会社から転職した理由3:キャリアアップ後のリターンに魅力を感じない

昇進すればするほど、会社から求められる能力と責任も上がります。

そこにやりがいを感じることが出来れば仕事への充実感を味わうことができるでしょう。

 

私もやりがいや仕事の充実感を得たい気持ちもありましたが、それだけではありませんでした。

昇進に伴う給料アップも望んでいました。

これは私だけでなく、多くの人が望むことでしょう。

 

しかし、社内の給与制度は細かく開示されることなく、「部長になると月の給料が〇〇万円みたいだよ」と噂ばかりが広まっている状況でした。

 

旅行業界の部長レベルで年収は600~800万ほどになるかと思います。

部長になるなら年収1000万以上は欲しいと思っていた私には魅力に感じることができませんでした。

 

その後、生命保険の業界へ転職し、様々な業界の収入状況が分かるようになるのですが、前職で勤めていた会社の社長の年収をその後に知り愕然とするのでした。

 

旅行会社から転職した理由4:毎年優秀な後輩が入社してくる

毎年多くの新入社員が入社してきます。

 

年々感じるのは新入社員の能力が高くなってきていることです。

例えば、英語の語学力で見た時に、私が入社したころは英語を苦手とする人が多かったのです。

 

しかし、近年はグローバル化が進み採用基準も変わってきていることもあって、英語を話せる新入社員も増え始めました。

 

外国人の採用や異業種の採用にも積極的になり、自分より若くてポテンシャルの高い社員が増えたことで、自分自身もっと成長しなければ居場所がなくなると危機感を感じたのです。

 

旅行会社から転職した理由5:時代の急速な変化

私が営業所長を勤めていた部署は主に電話や来店による航空券販売の営業所でした。

 

他の旅行会社が扱わない特殊な航空券を販売していた為、売上も右肩上がりで伸び、時には月間で関東1位の成績だったこともありました。

 

しかし、その時期を境にインターネットの普及が進み、ネットで航空券が購入できるようになると、営業所の成績も落ち始めました。

 

今では航空券はネットによる自動予約が主流となっています。

 

インターネットやロボットが人の仕事を奪っていく急速なテクノロジーの変化に自分自身も仕事のスキルや能力の幅を広げていかなければと危機感を持ち始めました。

 

旅行会社から転職した理由6:20代の頃と比べて体力が落ちている

仕事は毎日夜遅く、日によっては日付を跨ぐこともありましたが、20代の頃は体力もありましたのでそれほど問題視していませんでした。

朝まで飲んで徹夜明けで仕事行くことができる体力もありました。

 

しかし、30代を過ぎると、仕事の疲れも抜けなくなり、日に日に疲れがたまり、休みの日は出かける体力もなく、1日寝て過ごす週も増えてきました。

 

英語を勉強して仕事の幅を広げたいから勉強したいという思いもあったのですが、その余力と気力も徐々に奪われていきました。

 

仕事以外の日を寝て過ごす時間が増え始め、このまま会社に全てを捧げる人生はどうなのかなと疑問に思い始めていました。

 

旅行会社から転職した理由7:明るい未来が想像できない

当時、このまま今の仕事を続けていくと考えた時に、明るい未来を想像することができませんでした。

 

会社を続けていくことで

「金銭的に大丈夫か?」

「このまま同じ会社で仕事を続けて成長できるのか?」

「自分は何を目指したいのか?」

「この先幸せな人生を送れるのか?」

 

不安ばかりで、何一つ明るい未来を創造することが出来ませんでした。

 

ただ、辞めたところで、どうしたいのかも分からず続けていくこと以外の選択肢が思いつきませんでした。

 

転職を考えていなかった私が転職することになったきかっけ

仕事で多忙な日々を送り続けていくなかで、ある価値観に縛られていました

「これが仕事だし、これが人生、みんな同じなんでしょ」と。

退職するまでは会社員として多忙な日々を送り続ける人生以外のことを知らなかったのです。

 

入社して10年目を迎えた時期に外営業の部署へ異動することになりました。

とある日、営業中にお会いした出会いが転職のきっかけになるとは、その時は思いもしませんでした。

 

30代後半で初めての転職で未経験業界へ挑戦できた理由

36歳初めての転職を経験することなりました。

しかも、旅行業界からは異業種となるフルコミッション外資系生命保険業界でした。

 

フルコミッションとは?

完全歩合制の報酬形態で、成果に応じて報酬が決められる働き方です。基本給というものはありませんので、きちんとした成果を上げなければ収入にならないリスクが伴います。

しかし、上限がないため、大きな成果を上げることが出来れば、報酬も大きくなります。

 

社員旅行のプレゼンのため、その会社へ訪問しました。

私が提案したプレゼンが面白かったようで、いい感触を掴んだ状態で次回もお会いする約束ができたのです。

 

その後、旅行の話を進めながら、同じ営業職についても情報交換するようになりました。

何度か会って営業について話を聞いていると、同じ営業職とは思えないほど、営業の考え方ノウハウのレベルが高く、扱う商材が違えど、私が勤めている会社との次元の違いに驚かされました。

 

話を聞いているうちに、

「自分は今後どうなりたいのか?」

将来のことから逃げてきた自分や以前まで持っていた夢にいつのまにか蓋をしてきた自分に気が付きました。

 

今の会社である程度収入が固定化され、将来の収入も予測できるようになってきたなかで、やりたいことを諦め、人生観も徐々に小さくなっていたのです。

話を聞いているうちに、徐々に人生へのモチベーションが復活し始めました。

自分がいつの間にか諦めてしまっていた夢をもう一度持つきっかけを与えてくれた会社だったのです。

 

この会社の考え方営業のノウハウ、これらを自分のものにしていきたいと強く思うようになりました。

自分とは真逆の働き方と人生観を見つけ、別世界の働き方に興味を持ったことが決断の要素でした。

 

転職先の生命保険会社で働きたいと思った理由

・夢を持つことができたこと

・転職先の会社の考え方に共感できたこと

・営業について深く学びたいと思ったこと

 

当然、異業種なので、保険については一から学ばなければなりませんし、未知の世界への不安など、心配することはたくさんありました。

 

しかし、このまま転職せずに将来の不安を抱えたまま続けていくのか、それとも明るい未来へ向け夢を叶える為に新しい業界に挑戦するべと考えた時に、迷いはありませんでした。

 

今まで収入を下回る可能性があることも分かっていましたが、とにかく何とかしたいと思っていた状況で現状からの脱出と、夢を叶えたいという想いが強かったのです。

 

転職を決めた時の周囲の反応

転職については周囲から反対されることが予想できていたので誰にも相談しませんでした。

周囲に話したのは転職が決定し会社へ退職を伝えたタイミングで話しました。

 

案の定、周囲のほとんどの人から反対されました。

 

しかし、反対する人のほとんどは長く会社勤めの人たちでした。

人生についての話を聞いてみても、今まで特に積極的に挑戦をしてくることもなかったり、今後の夢を聞いても特に考えてなさそうな人たちでした。

 

「このまま今の会社にいてもいいことないけど転職する勇気がない」

「良い条件の転職先が見つからない」

「お前はいいよな」

という妬みもありました。

 

逆に応援してくれる人は、少数でしたが、今まで色んな事に挑戦してきたり、自分の夢を持っている人たちでした。

 

転職後に変わったこと

転職したことで変わったこと。

それは人生のモチベーションがアップしたことです。

生命保険業界に飛び込んだことで、苦労することも多くありましたが、達成したい人生の目的が明確にできたことで、邁進することができました。

 

運営者Takeのプロフィール