1つの会社で働き続けることは危険 【転職後の出戻りも視野に入れる】

転職について考えたことがあるけど、結局転職しなかったり、転職活動まで至らない人も多くいるのではないかと思います。

 

転職を考えても転職するまでに至らない主な理由

・転職先が自分に合った会社かどうか不安だから

・今の会社より環境や条件が悪化するのではないかと心配だから

・転職したことがなく転職活動をどうやってしたらいいか分からない

 

他にもあるかと思いますが、このあたりが主な理由かなと思います。

 

今回は、会社員が1つの会社に在籍し続ける危険性転職してからの出戻りも視野に入れた転職方法について紹介したいと思います。

 

本記事の内容

・1つの会社に在籍し続ける危険性

・転職してからの出戻りも視野に入れた転職方法

 

参考までに筆者の私は旅行業界に13年在籍していました。

もちろん転職について考えたこともあり、実際に異業種へ転職した経験があります。

 

1つの会社で働き続けることで考えられる影響

私は一度転職していますが結果的に良かったと思っています。

その理由は、転職してから視野が広がり、働く選択肢が増えたことで、それまでの不安がなくなったからです。

 

転職以前は、1つの会社で働き続ける選択肢しか考えていませんでした。

旅行会社時代、周囲の転職事例を見ても、同じ旅行会社への転職が多く、働き方や収入面、労働時間、価値観など見ても、それほど変わっていないという印象でした。

 

しかし、このまま会社に在籍し続けるにしても、それはそれで良い方向には変わらないのではと感じていました。

それに在籍し続けることのデメリットも感じ始めていました。

 

1つの会社に在籍し続けるデメリット

・視野が広がらない

・価値観が固まってくる

・新しいスキルが身につきにくい

・自分の新たな可能性を試す機会がない

 

徐々に転職することがスタンダードな働き方になりつつあるなかで、1つの会社に在籍し続けると周囲の変化による新たな不安を感じることでしょう。

 

転職が活性化することで生まれる周囲の環境

・他業界や他社を経験した人材が入ってくる

・今まで社内にいなかった新たなスキルを持った人材が入ってくる

 

時代の変化に合わせて、会社も新しいビジネスや事業拡大を理由に新たなスキルと経験値を持った人材を求めるようになります。

そういった人材が入ってくることで、自分の居場所を失ったり、社内での自分の価値が下がったりするなどの危険性もあるのです。

 

実際、私が勤めていた旅行会社でも新しい分野の事業を始めていたので、旅行業のスキルと経験値だけでは厳しい立場に追い込まれるのではと不安を感じていました。

新たなスキルと経験値を身に付けるためにも転職するべきかと少し考えたこともありました。

しかし、転職の経験がなく、旅行会社以外の仕事については全くの無知であったため、転職活動までには至りませんでした。

 

情報収集による転職の不安の解消

「転職したほうがいいのかも」と感じつつ、転職するにもそれはそれで不安があるものです。

転職の不安の大半の原因は情報不足からくるものです。

よって、不安を解消するには情報収集することです。

 

不安が大きい人ほど、圧倒的に情報が足りていません。

社内の人間と一緒に過ごす時間が長いとどうしても、同じ価値観になってくるので、新しい情報が入ってきません。

外の世界についての情報が不足がちになるのです。

 

情報収集するうえで以下のことを心がけてみてください。

 

情報収集で心がけること

・自分の知らない世界を見てみる

・自分が新たに興味持てることを見つける

・世界情勢と未来について情報収集する

・異業種や他社について情報収集する

 

情報収集の方法については、身近なところであれば新聞や書籍からでも入手できます。

社外の人との接触や交流を増やしていくことも新たな世界観、価値観に触れられます。

 

具体的な情報収集の方法については下記の記事でご紹介しています。

旅行会社以外の会社員の方でも参考になるはずです。

 

少しずつ外の世界の情報を得ることで、徐々に転職後の自分がイメージできてくると不安は解消されるはずです。

 

転職して出戻りすることも視野に入れる

最近では、退職時と同じ待遇で雇用し、優秀な人材の長期的な確保のために出戻りを容認する会社も増えてきました。

一度転職して、新たなスキルを身に付けて戻ることで、転職前よりも活躍の場が広がる可能性もあります。

 

こういった可能性も残しつつ、新たな転職先を模索することで今後の選択肢が広がります。

 

私も転職時にはこういったことを考えていました。

出戻りすることで以下のメリットがあると感じていたのです。

 

出戻りのメリット

・新たなスキルを持ち帰ることができる

・転職前より仕事の幅が広がる

・他社の良いところを見ることができる

・勤めていた会社の良いところ、悪いところを外から客観視できる

 

出戻りすることで転職前より活躍できるのではと考えていたのです。

 

出戻りを想定することで見えてくる転職先

出戻りを想定することで転職先の会社や身に付けるべきスキルと経験が見えてくることがあります。

 

在籍している会社の将来を予想しつつ、そこで求められる新たなスキルと経験値を得られる最適な会社を探すのです。

 

当時、私が在籍していた旅行会社では外営業に力を入れ始めていました。

私もその流れで外営業に挑戦していたのですが、会社自体、外営業の実績が浅いこともあり、具体的なノウハウがありませんでした。

 

他業界に比べ、営業のレベルが低いのではと感じていたので、営業レベルを高めたいという思いがありました。

結果、営業レベルが高く教育もしっかりとした保険会社へ転職しました。

 

この保険会社のノウハウと考え方を自分のものにできたら、出戻りした時に役立つにちがいない感じていました。

 

出戻りを想定した社内転職活動

当時私が勤めていた会社では出戻り制度はありませんでしたが、出戻りの事例はありました。

しかし、出戻りしたくなったときに受け入れてもらえる確証はありません。

 

よって、出戻りできるように在籍時に打てる手は打っておこうと考えていました。

出戻りを想定した社内転職活動です。

 

その際、退職するからといって横柄な態度をとったり、仕事が適当にならないようにしておくことが大事です。

お互い気持ちよく円満退社することで出戻りの可能性は開かれます。

 

当時の上司やよくしてもらった先輩だけには、冗談っぽく「パワーアップした状態で戻ってくるかもしれない」と話しておきました。

すると、よく面倒見てくれた上司から、「戻りたくなったらいつでも連絡してこい」という言葉をいただくこともできました。

 

その時は出戻りするつもりはありませんでしたが、考え方が変わるかもしれないですし、転職先で失敗して戻りたくなるかもしれませんしね。

 

人生の選択肢を広げよう

将来が不安になったり、先細りの将来しか見えなくなったりするのであれば、新たなスキルと経験値を身に付けるための転職を考えてみることです。

 

新しいスキルと経験値を身に付けるための転職であれば、転職先で活躍し続ける道と身に付けたスキルと経験値を持って出戻りする道の2つの選択肢が生まれます。

 

また、転職先から更なるスキルアップや新しいスキルを身に付けるべく、更なる転職の道も考えるようになるかもしれません。

そこからの出戻りも、前職への出戻りと前々職への出戻りと2つの出戻り先が生まれます。

 

つまり、転職することで将来の選択肢が増えるのです。

 

転職をきっかけに、1つの会社で働き続ける危険性からの脱却だけでなく、確実に新しい視野と価値観を得ることで、人生の選択肢が広がることでしょう。

 

まとめ

・転職先を見つけるための情報収集

・出戻りを想定し、将来必要となるスキルと経験が得られる会社を探す